(増補版)718E2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1899年3月~1899年4月)

題:(増補版)718E2/3:3/3:気になった事柄を集めた年表(1899年3月~1899年4月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
...(悲惨な戦争を無くせないのでしょうか?)
.
 ☆真実の歴史を知ることは、国際社会をより公正なものにする。
  そして、その公正な社会の達成で、人々の、また、皆様の、そして、人間
  の幸福を創造していく力ともなる。
   世界に真実を公表していく事は、真にやるべき大切なこと・・
  そして、総べての真実を議論してこそ民主主義が達成される。
 ☆過去を忘れたら「歴史」は蛮行を繰り返す。
 ☆過去に学べ、しかし、過去は繰り返さず・・
   過去に経験した事、経験則を学ぶことは非常に大事で大切・・しかし、
  その経験則がそのまま当てはまるという事は少ない・・過去の経験を参考
  に現在の状況に即して応用することが大事で大切・・
 ☆大きな解決を図(はか)ろうとすればするほど、原理原則に立ち戻らなけ
  ればならない。
 ☆正しい事実の認識があってこそ寛容が生まれ、捏造される認識の元では寛
  容は生まれない。
 ☆中国と韓国は隣の国・・引っ越しの出来ない隣の国・・だからこそ、正し
  いことを言って正しい関係を作らなければならない。
  卑劣なねじ曲げ発言に躊躇(ちゅうちょ)してはならない・・正しいこと
  を教えてあげねばならない。
  また、中国・韓国は、隣国・日本の立場を理解することにつとめなければ
  ならない。
 ☆国際社会は、中国へ民主化を強く求めなければならない・・民の選択を受
  けない独裁の指導者たち・・民主化が達成できない独裁国=中国・・
 ☆力による現状変更をしている中国の九段線否定の国連決議をするべき・・
   また、国民の信託を受けていない政権は正式な政権ではない・・
  (参考)信託:信用して任せること、「国民の信託による政治」
  また、チベット、ウイグル、モンゴルの自治を尊重せよ・・中国は自国化
  している行為を、即刻、止めよ・・そして、いずれは独立へ導け、また、
  種々の人権弾圧行為も、即刻、止めよ・・
   台湾の独自性も尊重せよ・・独立を希望するなら容認せよ・・
 ☆中国の利することばかりする公明党を与党の座から降ろそう・・与党席を
  剥奪し、止めさせよう・・この度も国土交通省の大臣職を欲しがって、そ
  の大臣の席に座り、今までの様に中国に利することをする予定・・「証拠
  がない」と言って中国を庇(かば)ったなど中国に利することばかりして
  いる・・
 ☆NHKは国や民を守る大事さを放送しない放送局・・国民の命や暮らしを
  護る大切さを放送せよ・・
   愛する人たちを守る話を放送しない親中放送局=NHK・・ハワイまで
  の第3列島線の中華圏を主張する中国になびくNHK
   中国へ国会審議の映像データーのすべてを渡す様なスパイ行為を止めよ
   そしてまた、NHKセンターの一室を中国だけに与えている行為も止め
  よ・・また、NHKはキリスト教に美化し偏し、仏教を貶める行為を止め
  よ・・悪い状況の時、仏壇のリンの音を鳴らしたり、寺の鐘をならしたり
  して仏教に関連付けして悪印象放送をして、仏教を貶め蔑む放送行為を止
  めよ・・
 ☆第二次世界大戦はアメリカが始めた戦争・・
   日本の連合艦隊が到着する前、アメリカは日本の潜水艦を攻撃した・・
  このことから戦争は始まった・・(潜水艦は足が遅いので先に出発してハ
  ワイに来ていた・・その日本の潜水艦をアメリカは攻撃した・・これが開
  戦・・アメリカが先に手を出し開戦した・・NHKはこの事実を隠すな・・
 ☆ロシアは、日本から奪った日本の領土の南樺太、千島列島、北方四島を
  即、日本に返還せよ・・また、ウクライナなどの他国の領土を奪う行為を
  止めよ・・
 ☆1264年、モンゴルの元に襲われてアイヌが日本に逃げて来た・・『北の元
  寇』と言われる元に追われたアイヌの日本への逃亡移住・・当然、日本の
  先住民ではない・・しかし、アイヌを先住民と書く法律が日本にはある、
  当然、正しい法律にしなければならない・・
   また、当然、これ以前のアイヌの遺跡は無い。あるのは縄文遺跡だけ、
  その縄文遺跡が、北海道で壊されている・・ウポポイのアイヌ記念館の下
  にも縄文遺跡があり埋められて見られない状態にされている・・
   金を投じてテレビなどで事実を曲げようとする行為も止めよ・・
 ☆国連が独裁者になろうとしている・・国連がある指針と称するものを与え
  て国際的な絶対的指針としているが、普遍的なものではない・・また、国
  連はロビー活動に弱い、その少数者の意見を国際的な意見としている・・
 ☆世界の若者たちよ!、世界や国連の不正に対してインターネットなどで正
  義の声を上げよう!
 ☆声を上げ続けることで社会は変えられる。
.
1899年3月25日、阪鶴鉄道の三田駅~篠山駅(現:篠山口駅)間が開通した。
   阪鶴鉄道(はんかくてつどう)は、尼崎駅から福知山駅を経て舞鶴駅を結
 んでいた鉄道路線。
  阪鶴鉄道が接続するはずの京都鉄道は建設が難航した。
  福知山駅~舞鶴駅間が開業していなかった。
  このため阪鶴鉄道は、1899年(明治32年)12月に、改めて福知山駅~八田
 駅~舞鶴駅、および、宮津駅間の鉄道敷設を申請した・・しかし、却下され
 た・・そのため、由良川による舟運を計画する。
.
1899年3月25日、九州鉄道筑豊線の金田駅~伊田駅間が開通した。
  .
1899年3月28日、文官分限令、および、文官懲戒令が公布された(勅令第63号、
 4月1日施行、従前の官吏懲戒令は廃止)。
  文官分限令は、大日本帝国憲法下における官吏の身分および職分の保障に
 関する勅令で、政党勢力の官界への進出を阻止するため、第2次山県有朋内
 閣が文官任用令の改正と同時に制定された。
  親任官・公使・政務官、および、法令で定めてある官吏以外の一般の文官
 の進退分限に関する規定。
  第二次世界大戦後、1946年、官吏分限令と改称された。
  ⒚48年、国家公務員法施行により廃止された。
  文官懲戒令は、懲戒処分の対象となる行為を、職務上の義務の違背、職務
 の怠慢、官職上の威厳、または、信用の失墜に限定するとともに、以前は本
 属長官が懲戒権を行使したのを改め、高等官(勅任(ちょくにん)官・奏任(
 そうにん)官)については文官高等懲戒委員会、判任(はんにん)官については
 文官普通懲戒委員会の事前審査を経て免官・減俸・譴責(けんせき)の懲戒を
 適用するとした。
  なお、高等官の免官・減俸は天皇陛下の裁可が必要であった。
  この改正は、政党勢力が発言権を強め始めた政治状況に対応して、政府の
 恣意(しい)や政界の動揺が官吏の身分に影響するのを防ぎ、官僚機構を政党
 の不可侵の領域とすることを目ざして行われた。
.
1899年3月28日、鉄道貨物運送補則及賃金表の中一部改正(逓信省告示第100号、
 マッチ等補則第31条第4・第5項の最低運賃を2円とするなど改正した。
 4月1日施行
.
1899年3月31日、フィリピンの首都のマロロスが陥落した。
  フィリピンの独立を勝ち取る戦いに於いて、独立させるからと米西戦争を
 戦ったフィリピン独立革命軍は、結局、アメリカに嘘をつかれて独立は得ら
 れなかった・・だからフィリピンの独立を獲得するためのフィリピン独立革
 命戦争は始まった・・
  ゲリラ戦で粘り強く抵抗するも、1899年3月31日には早くも首都のマロロス
 が陥落した・・その後、共和国政府は中部ルソン地方のタルラク州・ヌエバ・
 エシハ州を転々と移動せざるを得ない状況が余儀なくされた。
  そして、1899年11月12日、独立戦士でもあるアギナルド大統領は、パンガ
 シナン州バヤンパンで正規軍の解体と遊撃隊によるゲリラ戦を布告し、ルソ
 ン北部の山岳地帯に拠点を固めるために撤退した・・これ以降、圧倒的優勢
 なアメリカ軍に対して、これから独立のための粘り強い戦いがくりひろげら
 れて行く。
  アギナルド政権の下で非主流派だったボニファシオ派も、また、革命的宗
 教結社なども熾烈なゲリラ戦を展開していく・・その戦いは長期間にわたり
 アメリカ軍を悩ませたのだった・・これ等のフィリピンの方々の熾烈な戦い
 の姿・状況を日本のことを心に持つの人たちはちゃんと見ていた・・
.
1899年3月31日、鉄道電信技術伝修生養成所が廃止された。
  日本の鉄道職能教育は日本の各省庁の様に部内教育で行われて来た。
  鉄道組織内の職能教育の起源は、鉄道寮によって1872年12月~1875年7月
 にかけて行われた、新橋停止場内に設立された電信修技養成所に於ける教育
 だった。
  この後、1877年に大阪に工技養成所が設立され、一時は大阪が日本の鉄道
 職能教育の中心地となった・・この工技養成所は、1882年に閉校となる。
.
1899年3月31日、逓信省軌制取調委員会が廃止された。
.
1899年3月31日、臨時台湾鉄道敷設部官制が公布された。
  台湾の計画的な鉄道建設がここから始まる・・
  朕臨時台湾鉄道敷設部官制ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 睦仁 明治三十二
 年三月三十日 内閣総理大臣侯爵山縣有朋 内務大臣侯爵西郷従道 勅令第八
 十一号 臨時台湾鉄道敷設部官制
  第一条 臨時台湾鉄道敷設部ハ台湾総督ノ管理ニ属シ台湾鉄道敷設ニ関スル
    事務ヲ掌ル
  第二条 臨時台湾鉄道敷設部ニ左ノ職員ヲ置ク 部長 一人 技師長 一人 事
    務官 専任三人 技師 専任十人 書記 専任四十人 技手 専任五十人 通
    訳 専任十人
  第三条 部長ハ台湾総督府勅任官ヲシテ之ヲ兼ネシム 部長ハ台湾総督ノ指
    揮監督ヲ承ケ部務ヲ掌理シ部下ノ官吏ヲ監督ス 部長ハ奏任官ノ進退ハ
    之ヲ台湾総督ニ具状シ判任官以下ハ之ヲ専行ス
  第四条 技師長ハ勅任トス部長ノ命ヲ承ケ技術官ヲ指揮シ工務ヲ掌ル
.
1899年3月31日、明治31年度に福井駅~足羽川岸駅間に貨物線が敷設された。
  越前地方の江戸時代の交通は「北陸道を幹とする人の流れと九頭竜水系の
 水運による物の流れ」という言葉があり説明されている。
  明治時代になるとこの言葉の様に道路と海運の利便性が図られた・・
  1869年に関所が廃止され・・
  1873年には「河港道路修築規則」を定めて河川・港湾・道路の整備を進め
 た・・1880年、坂井港の防波堤がオランダ人御雇技師エッセルらによって
 竣工した・・これは明治三大築港の一つと言われている事業である。
  1879年12月、廟議で鉄道の敷設が決定され・・1880年、敦賀への建設が着
 工され・・1888年6月、北陸鉄道会社ができ・・1891年11月、福井県会が「
 北陸鉄道ノ官設ヲ請フ決議」をし、1892年6月、「鉄道敷設法」が公布され、
 敦賀・富山間の鉄道敷設は最優先の第一期線の全国とつなげる路線となった・・
  1893年4月、北陸線が着工され、1896年7月、敦賀駅~福井駅間が開通・・
 1899年3月、富山駅まで延伸され開通し、越前・北陸地方を縦断する鉄道と
 なった・・この基線から派生する路線が次々と計画された・・
.
1899年3月31日、明治29年陸軍省から譲り受けた東海道線の神奈川駅~程ヶ谷
 駅間の旧軍用線を営業線として、新橋駅~神戸駅間の直行列車の横浜駅に
 入るのを廃し、神奈川駅~程ヶ谷駅間を直通線運転とした・・そのため、
 新橋駅~神戸駅間の運転時間が短縮された。
.
1899年3月31日、明治31年度において関西鉄道のすべての客車に真空制動機が
 設置された。
  アメリカやヨーロッパ諸国では、初期に、真空ブレーキの導入が図られた
 例があったが、いずれも後にジョージ・ウェスティングハウスの開発した空
 気ブレーキシステムに代わった。
  特に、アメリカは、空気ブレーキの開発国であり、1893年に公布された連
 邦法で通常の鉄道車両における自動連結器、および、この新型ブレーキの搭
 載が義務づけられた・・そのため、以後、アメリカでの真空ブレーキの採用
 例は事実上皆無となった・・
  空気ブレーキは、高い圧力の圧縮空気と大気圧の差でブレーキピストンを
 駆動する仕組みで・・真空ブレーキでは気圧差は最大でも1気圧にしかなら
 ないが、空気ブレーキはブレーキ管内の圧力を上げればその何倍もの圧力で
 動作させることができた・・これにより小さなブレーキシリンダーでも同等、
 または、より高いブレーキ力を発揮できた。
  また、機関士の操作に対する応答性に優れ、さらに自動空気ブレーキでは
 三動弁と呼ばれる特殊な弁装置を使用することで列車分離事故などの際にフ
 ェイルセーフ性が確保されるなど、真空ブレーキと比べていくつかの重要な
 利点があった。
.
1899年4月1日、3月16日旅客運賃の改正に伴い定期旅客運賃の基本賃率、およ
 び、運賃表を改正した。
.
1899年4月1日、北海道官設鉄道と北海道炭砿鉄道との連絡運輸は会社線川端以
 下5駅を除くすべての駅との間で開始した。
.
1899年4月1日、関西鉄道との連絡運輸を解約した。
.
1899年4月1日、太田鉄道の久慈川駅~太田駅間が開通した。
.
1899年4月1日、西成鉄道の大阪駅~安治川口駅間に旅客列車の運転が開始され
 た(大阪駅との連絡工事完成による)
.
1899年4月3日、横浜港を2月18日に出港した日本人790人が、佐倉丸でペルー・
 アンコン港(カヤオ港)に上陸した(ペルー・日本友好の日)
  1821年、卑劣な植民地下にあったペルーはスペインからの独立を宣言した・・
  また、19世紀半ばに日本が開国して、いくつかの国と外交関係を持つよう
 になり・・ペルーとの正式な外交関係の樹立に先立って1872年6月、232人の
 中国人苦力を載せたペルー船「マリア・ルス」が、マカオからカヤオへ向か
 う途中に深刻な暴風雨に見舞われて損耗し、日本の横浜港に寄港した。
  港ではある中国人労働者が逃げ出して岸に飛び乗った。
  岸に着くと、労働者は重度の虐待について不平を言い、保護と船上での仲
 間の労働者の救助を求めた・・2人目の労働者が船から脱出した後、日本の
 当局は船に乗り込み、中国国民が非人道的な状況下で彼らの意思に反して拘
 束されていることを発見した。
  多くの人が誘拐され、ほとんどの人は最終目的地の場所を知らなかった。
  日本の裁判所は、「マリア・ルス」の船長、リカルド・エレーラを不正行
 為で国際法に違反したとして告発し、中国国民を解放した。
  1873年に入り、日本とペルーは、日秘修好通商航海条約に調印し、外交関
 係を正式に締結した。
  1899年、790人の日本人移民が佐倉丸でペルーへと渡った。
  ほとんどの移住者は、さまざまな農園で働くためにこの国にやってきた。
  1936年までに、 23000人の日本人移民がペルーに移住した。
.
1899年4月3日、日本で最初に全土をカバーした地質図、100万分の1「大日本帝
 国地質図」が地質調査所から発行された。
  日本の地質図は明治時代から作成が始まり、1876年に、初の広域地質図と
 してライマンらの200万分の1「日本蝦夷地質要略之図」が出版された。
 その後・・1882年、ナウマンゾウで知られるナウマンらの提案によって農商
 務省に地質調査所(GSJ)が設立され、現在は産業技術総合研究所地質調査
 総合センターとなっている・・そして、136年間、地質図を作成している。
  地質図は、資源開発や工場・住宅の立地、地震等の防災対策に不可欠な国
 の基礎的データーを与える重要な知的基盤となっている。
.
1899年4月5日、西成鉄道が、関西同盟各汽船会社と旅客の連絡運輸を開始した。
.
1899年4月5日、総武鉄道会社が、銚子駅~新生駅間、砂利運搬線を貨物営業線
 に変更方申請をした(翌年の1900年1月22日に免許)
.
1899年4月10日、高等官官等俸給令改正(勅令第127号、奏任文官を高等文官、
 奏任官を高等官に改める)
.
1899年4月11日、スペインがプエルトリコをアメリカ合衆国に割譲した。
  プエルトリコの方々はアメリカ市民として扱われなかった。
  1900年、フォラカー法が出来たがこの方で「プエルトリコ市民」という法
 的立場・地位が定められた・・半分、外国人のような扱いを受ける・・
  これはアメリカ国内でも議論される様になり、出てきた考え方が「国家に
 永久的忠誠義務を負っている者」か、否かの点だった・・
  今、日本でも、日本の社会の経済的利益を受け、また、日本の社会資本を
 自由に利用して利便を受けていながら、国家になんら忠誠的義務を感じずに
 言いたいことを言っている者たちが居る・・言論の自由とはいえ勝手気まま
 な我儘(わがまま)な者たちの言論と行動は慎まさせなければならない・・
.
1899年4月18日、日本が、ベルヌ条約に加盟した。
  文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約と言い、1886年、スイ
 スのベルンで署名され、翌年の1887年までに、8か国が批准して発効した。
  日本は、1899年4月18日、ベルヌ条約の原条約と第1回パリ改正版に同時加
 入し、同年・1899年7月15日より国内法を履行した。
  背景には、イギリスなどとの間で幕末に締結された不平等通商条約が関係
 している・・このような不平等条約を改正するための条件として、ベルヌ条
 約への加盟が重要だった・・
  日本は、ベルヌ条約の加盟の1ヵ月程前に、版権や写真版権などを個別に扱
 っていた諸条例に換えて、著作権法(いわゆる旧著作権法)を制定している。
  明治日本の涙ぐましい努力の一里塚である・・
.
1899年4月20日、「国債ヲ外国ニ於テ募集スル場合ニ関スル法律」を公布した。
 (法律第101号)
  鉄道公債も外国で募集することができるようになった。
  1897年、日清戦争の賠償金を元に金本位制を日本は導入した・・この結果、
 金本位制の導入によって、ロンドン市場での日本国債は信用が向上した。
  1899年、ロンドンで満期55年間の4%国債が発行された・・1873年の7%
 国債以来26年ぶりの外債発行の実施だった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:2015年12月23日および2016年、何の権利があるのか、ロシアは、ウクライナへサイバー攻撃をして、ウクライナに突発的な停電を引き起こした。
    2015年の攻撃は12月という厳寒期で、ウクライナ西部の送電会社の3社への同時に、また、多発的にロシアはサイバー攻撃をし、ウクライナに大規模な停電が発生した。
    世界は、サイバー攻撃によって電力の供給を止めることができると知り驚愕し、衝撃を受けた。
.
紀元前132億8000万年、この頃にできた銀河が日本の学者によって発見された。
  アルマ望遠鏡で観測し、炭素の波長の伸びが解析できて、分かった。
  2016年3月に観測を始めた・・4回観測する計画だった。
  1回目、2回目、3回目と何も観測されずダメかと思われた・・
  2017年4月、計画最後の4回目の観測の時、観測され目的が達成された・・
  その銀河は132億8000万光年の遠くに存在すると観測された。
  筆頭の論文記述者名は、橋本拓也氏という日本のメイン研究者がなった・・
 他に2名の日英の共同論文となった・・
  (参考)アルマ望遠鏡:南米・チリ共和国北部にあるアタカマ砂漠の高原
     に設置された巨大電波望遠鏡。
      正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計。
      略称の「アルマ(ALMA)」はスペイン語で「魂」の意。
      直径7~12メートルの高感度パラボラアンテナ66台を組み合わせ、
     1つの望遠鏡として活用する。
      全体の直径は18キロメートルにも及び、地上に設置された望遠鏡
     としては世界最大。
      その分解能は、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の約10倍とさ
     れる。
      日本が主導する東アジア、北米・ヨーロッパ諸国、チリの国際共
     同プロジェクトとして2002年に建設が開始され、2013年に59基のア
     ンテナが可動・・同年10月に66台の全てが揃い本格運用が開始した
  138億年前にビックバンが起きたとされている・・そして、135億年前に銀
 河が出来た・・これが今・現代の宇宙誕生の説明・・
  観測史上最遠の合体銀河の証拠をつかんだ・・
  アルマ望遠鏡が、観測史上最遠の合体銀河の証拠をとらえた場面だった・・
  131億光年離れた天体で酸素、炭素、塵そろっての検出は世界初だった。
  早稲田大学理工学術院の橋本拓也(はしもとたくや)氏(日本学術振興会
 特別研究員PD)、井上昭雄(いのうえあきお)教授╢らの国際研究チームは、
 アルマ望遠鏡を使って遠方天体B14-65666を観測し、酸素、炭素、塵が放つ電
 波を検出することに成功した。
  この天体までの距離は131億光年であり、これほど遠くで酸素、炭素、塵が
 そろって検出されたのは世界で初めてだった・・
  ハッブル宇宙望遠鏡の観測で、この天体のなかにはふたつの星の集団があ
 ることがわかっていた・・今回も、アルマ望遠鏡でも、酸素、炭素、塵が二
 つの塊に分かれていることを判明させた。
  そして、詳しい解析から、研究チームは、同程度の大きさを持つ二つの銀
 河が今まさに合体しつつあると結論付けた・・
  これは、合体銀河として観測史上最遠のものだった・・
  B14-65666では、天の川銀河の100倍のペースで星が生み出されている・・
 合体によって銀河のガスは圧縮され、爆発的な星形成が起こったと考えられ
 ている。
  宇宙誕生後のわずか10億年に満たない時代の合体銀河の活発な活動をとら
 えた、重要な観測成果だった・・
  その背景・・宇宙は、138億年前にビッグバンで誕生した。
  このとき、宇宙に存在した元素は水素とヘリウムだけで、これまでの研究
 から、その後2~3億年経過したころに最初の星が作られたと考えられている。
  星の中では水素をヘリウムに、ヘリウムを炭素や酸素に変換する核融合反
 応が進んでいて、さまざまな元素が生み出されている。
  そして、この星が一生を終えるときに大爆発(超新星爆発)を起こし、元
 素が宇宙にまき散らされる・・まき散らされた元素の一部は、結びついて微
 粒子(塵)を作る・・こうした元素や塵は、宇宙空間に漂うガスと混じりあ
 い、次の星の材料となる。
  このため、宇宙の初期に酸素や炭素を見つけることは、それより前の時代
 の星の誕生と死を知る手がかりとなる。
  こうした星たちは、宇宙の中に単独で存在するのではなく、銀河という集
 団を作っている。
  宇宙の歴史の中では、まず、小さな銀河が生まれ、それらが合体を繰り返
 しながら大きく成長していくと考えられている。
  このような銀河の合体の歴史と過程を明らかにすることも、現代天文学の
 大きなテーマとなっている。
  橋本拓也氏、井上昭雄教授、東京大学宇宙線研究所の馬渡健ICRRフェロー、
 名古屋大学の田村陽一准教授らの研究チームは、宇宙誕生後、数億年以内と
 いう初期宇宙の銀河を観測し、銀河の形成と成長の過程を明らかにすること
 を目指している。
  今回研究チームが観測対象に選んだのは、ろくぶんぎ座にあるB14-65666と
 呼ばれる天体で・・これまでの観測から、B14-65666は地球から131億光年離
 れた場所にあることがわかっている・・これは、131億年前の天体の姿である
 ということ・・
  また、ハッブル宇宙望遠鏡による赤外線観測で、この天体はほぼ同じ規模
 のふたつの星の集団(銀河)で構成されていることも明らかになっていた。
  アルマ望遠鏡を用いてB14-65666の観測を行った結果、この天体から酸素、
 炭素、塵が放つ電波を検出することに成功した。
  これまでのアルマ望遠鏡などによる観測でも、酸素や塵の電波が他の遠方
 銀河で検出されていたが、3種類の物質が放つ電波がそろってとらえられた
 ものとしてはB14-65666が最も古い時代の天体ということになる。
  橋本氏は、「これほど遠方の銀河で酸素、炭素、塵を全て検出することが
 できたのは、アルマ望遠鏡の絶大な威力を物語っている。
  豊富なアルマ望遠鏡のデータと、ハッブル宇宙望遠鏡のデータ、馬渡フェ
 ローの多波長解析の結果が、パズルのピースのように合わさり、この銀河が
 衝突・合体をしているという大きな結論が得られた。
  宇宙初期にある銀河の荒々しい様子が手にとるように分かり感動しました」
 と語った。
  酸素、炭素、塵は、いずれも、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したふたつの銀
 河の位置にかたまりを形作って存在していた。
  また、それぞれの銀河に含まれる酸素や炭素が放つ電波を分光し、宇宙膨
 張による波長の引き伸ばされ方を調べることで、ふたつの銀河が地球からほ
 ぼ同じ距離にあることがわかった。
  つまり、地球から見て、偶然、隣り合って見えるのでなく、実際にふたつ
 の銀河が並んで存在していることが分かった。
  銀河全体が放つ赤外線や電波の強さは、その銀河に含まれる星の総質量や
 年齢、星を生み出すペースなどを反映する。
  研究チームは、アルマ望遠鏡と他の望遠鏡で過去に行われた観測で得られ
 たデータを組み合わせ、2つの銀河に含まれる星の総質量がおよそ8億太陽質
 量であることを導き出した。
  私たちが住む天の川銀河の質量は、およそ1000億太陽質量だから、B14-
 65666はずっと小さな銀河ということになる。
  一方、この銀河で天の川銀河のおよそ100倍のペースで星が生み出されてい
 ることも明らかになった。
  これは、130億年以上昔に存在した銀河のなかでは大きな値であり、同時代
 の一般的な銀河よりも星形成活動が活発であるといる。
  星形成が活発になる原因の一つとして、銀河の衝突・合体が挙げられる。
  銀河が衝突すると、それぞれの銀河に含まれていたガスがぎゅっと圧縮さ
 れ、星が生まれやすい状況が作られる。
  B14-65666は、二つの銀河が接するほど近くにあること、活発な星形成活動
 を起こしていることから、まだ、小さな二つの銀河が互いに衝突し合体しつ
 つあるところであると研究チームは結論付けた。
  この様な合体銀河は、数多く見つかっているが、B14-65666はその中でも最
 古のもの、つまりもっとも宇宙のはじまりに近いもの・・
  宇宙誕生後8億年程度という古い時代の銀河に含まれる酸素・炭素・塵の電
 波をとらえ合体銀河の証拠を得ることができたのは、高い感度を持つアルマ
 望遠鏡の強みを存分に活かした成果といえる。
  私たちが住む天の川銀河もその他の多くの銀河も、小さな銀河の捕獲や同
 規模の銀河どうし衝突合体を繰り返して現在の姿になった。
  初期の宇宙に合体しつつある銀河をとらえたことは、130億年以上にわたる
 銀河進化の歴史のはじまりをひもとくという意味でもたいへん重要な成果と
 なった。
  「これほど遠方の銀河からの酸素、炭素、塵を初めて全部そろえることが
 できたのは、快挙・・
  今後、さらに窒素や一酸化炭素分子を検出し、銀河の形成と進化やその中
 での元素・物質の蓄積過程の解明を目指します」と井上教授はコメントした。
     ・
     ・
     ・
紀元前14000〜紀元前500年、縄文時代
  縄文時代の遺跡の三内丸山遺跡(青森県)には、何と直径1メートルの大木
 が6本も土中から発掘されている。
  当時、この様な大木を伐る道具があったという驚きと、また、この様な大
 木を双六の六の様に整然と並べて立てた技術があったという驚き・・
  そして、日本の先住民の縄文人は天空にそびえる建造物を造る技術を持っ
 ていた。
  この遺跡には、他にも集会所と考えられる大規模な住居があり、民主的な営みがあったと推定できる・・
  そして、翡翠(ひすい)を精密に加工した耳飾りがあり、芸術的にもデザイ
 ンが素晴らしく、その文化程度の高さの一端が見られる。
  さらにまた、芸術的な土器や土偶も出土し、高い文明を持っていたと言え
 る。
  東北や北海道には、この様な日本の先住民の縄文文化が発達していた。
  日本の優れた先住民の遺跡群が東北と北海道にはある。
  今、日本の縄文時代は、紀元前14000〜紀元前500年とされている。
  そして、また、縄文時代人は、定住していたことも分かって来た。
  そして、世界で最初に、紀元前12000年に縄文人が土器を作り持っていた。
  その土器を使って煮炊きをし、保存もしていた。
  また、共同所有の物であろう栗の木の園を持ち栽培していた。
  紀元前3300年〜紀元前2800年頃に作られた火焔土器は、デザインが抜群で、
 その知能程度の高さが想像され、持ち運びは出来ない状態にある(定住)。
  そして、何故か、縄文時代遺跡は、関東・東北エリアに多いか?である。
  圧倒的に東京都、千葉・茨城・埼玉南部に多い。
  当時の日本の人口の8割以上が東日本に住んでいたという研究結果もある。
  三内丸山遺跡には、常時、600人が定住していたと推定されている。
  この様な集団生活のコミュニティを持つ大集落が関東を中心に多数存在す
 る。
  また、何故か?関東に前方後円墓が多い。
  その1位が千葉県で1万2750基もある・・因みに、奈良県は9617基、大阪府
 は3424基で、千葉県はこれより断然に多い状態。
  因みに、日本には古墳が10万基以上もある。
  この社会の統率は、かなり程度の高い営みの中から生まれている・・
  そして、この古墳の造立に従事した古墳時代の人々は、エジプトのビラミ
 ッド建設の時の様に公共の仕事で潤ったと想像ができる・・社会公共事業の
 発達である・・
     ・
     ・
紀元前3800年、ウルは古代メソポタミアの古代都市である・・
  現在のイラク南部、ジーカール県のテル・エル=ムッケイヤルが古代のウ
 ルである・・
  ウルは、シュメールの重要な都市国家であった。
  ウルは、かつてユーフラテス川がペルシア湾に注ぐ河口そばに位置する都
 市であったが、現在では海岸線が移動し内陸となっている。
  ウルは、ユーフラテス川南岸にあり、現代のイラクの都市ナーシリーヤか
 ら16キロメートルの位置にある。
  ウルは、紀元前3800年頃のウバイド期に創建され、紀元前2600年頃に都市
 国家として文字史料に記録されている。
  初めて文字史料に登場する王はメスアンネパダである。
  キリスト教を作った人たちは、メソポタミアのチグリス・ユーフラテス川
 の下流域の「ウル」に住んでいた人たち。
  土地が貧しいため食べるものに不自由していた。
  そのため、どうしてもその貧しい土地を出立しなければならなかった。
  人々は、蜜と乳の流れる地・カナンへ向けて出立した。
  この様に、貧しい土地のために移動しなければならないという「移動の必
 然性」があった。
  また、種々の民族が入り乱れる地でもあり争い・戦争も多発した。
  これも移動する理由となった。
  そして、草木の発生・植生も少ない砂漠状の幸の少ない地のため遊牧をせ
 ざるを得ない状況だった。
  「定着して生活できる民」と、定住では生活できないため「移動せざるを
 得ない民」の存在が「宗教、文化、考え方の違い」となった。
  その移動せざるを得ない幸の少なき民の「生き残るための言い伝え」、当
 初は口伝で伝えられ、文字が出来てからは書き継がれ、出来たのが「旧約聖
 書」・・これが、キリスト教の根っ子となった。
  必死に生き残りたいと伝えられ綴られた「生き残る民たちの書」・・
  生き残るために・・飢餓の時は「(キリスト教の)神の義があれば、人(他人)
 を誅してもよい」と免罪符が与えられた・・そして、免罪符を得たとして、
 他民族を殺戮し、富を収奪した。
  キリストの聖書に書かれている「○○民族は全滅せよ」「△△民族は男だ
 けを殺せ」「生娘は生かしておけ」「奴隷にせよ、奴隷にせよ」等の記述・・
 キリスト教の神が叫んだ言葉が聖書に記されている。
  この様な語句が、キリスト教の聖書として書かれ、そして、伝えられて行
 った・・聖書であるがゆえ、絶えることなく伝えられて行った・・
  そして、これが伝播したヨーロッパ・・この様な見方・考え方が、欧米の
 考え方の底に根付き、存在し、精神構造の根に染みついている・・30年戦
 争、100年戦争などなど戦争の多い歴史の原因となっている・・
  また、神となったイエスは、母親マリアを無視する・・
  イエスは非常なエゴイストの態度をとる・・その言葉も聖書に記されてい
 る・・
  それに気付いた者たち・・芸術家たちは、キリスト教の欠点を補おうと必
 死に母子像を描かされた・・パトロンの金持ちのキリスト教に仕えた・・
  当時、キリスト教団しか権威と金(冨)を所有していなかった・・芸術家
 たちの就職先はキリスト教団しかなかった・・
  そして、キリスト教の聖書の中での女性は差別され、蔑視された・・
  その女性蔑視から来る女性としてのマリアは聖書にほとんど記されず、存
 在していない様な状態に置かされている・・
  ただ、イエスが人前で話しをし始めた頃、母親のマリアが心配して、イエ
 スの兄弟(マリアの子供)たちを引き連れて、息子・イエスが人を集めて話を
 しているところへ来る。
  するとイエスは、イエスの話を聞いている人たちへ「あの人(母親マリア)
 を無視してよいのだ」とまで母親を見下す言葉を言う。
  日本は、最高神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)でさえ女性神・・
  また、地上の世界をキリスト教は不浄と見る・・キリスト教は、恵みをあ
 まり得られない砂漠の地上=恵みを与えてくれない地を見捨てる・・地は不
 浄とし、天のみを清浄とキリスト教はする。
  ここから、天の清浄の地を目指す考え方がキリスト教に生まれる・・
  清浄の天の地を目指す考え方がキリスト教には生まれ、死んで天へ昇天す
 ることを美化する。
  仏教の様に死んで浄土に迎えられるということではなく・・不浄な地に別
 れを告げて、清浄なる天へ向かうのが最良と美化し、殉死を勧める・・キリ
 スト教は死の状態を美化する、自殺を美化する・・このため殉教という死が
 最良とキリスト教は説く・・そのため純真な青少年の多くの人たちが自殺す
 る・・キリスト教の最大の罪の一つ・・
  何と多くの青少年の方たちがキリスト教のこの考え方で自殺したことか。
  「フランダースの犬」という幼児向けのキリスト教が重視している本は、
 主人公の少年が苦難の後、愛犬と共に寒い凍える夜、キリスト教のイエスの
 絵の前で死に、愛犬と共に昇天して行く・・それを美化して描き、終わりと
 し目指す姿としている・・幼児期からこの様な洗脳までされている。
     ・
     ・
紀元前1000年、日本で稲作が始められた。
  国立歴史民俗博物館研究グループが、北部九州から出土した32点の土器に
 付着した炭化物を、放射性炭素年代の年代測定法で分析した結果、日本にお
 ける水田耕作のはじまりが約500年早まった・・紀元前1000年ごろと推定され
 るようになった。
  32点が、まとめて測定され、ばらつきが認められない状況・・
  これまで、稲作は、紀元前5〜紀元前4世紀に、中国の戦国時代の混乱のた
 め、大陸や朝鮮半島から日本に渡った人たちによってもたらされたと考えら
 れて来たが、これが否定される結果となった。
  また、日本にある銅鐸は大きく、朝鮮半島にはこの様なものは存在せず、
 小さな青銅器の鐘があり、銅製品の出土は日本の方がはるかに多く、日本の
 銅鐸の祭器としての使われ方とは全く異なる・・そこには日本の独自性が見
 られる・・九州北部では銅剣、銅矛、銅戈などの武器形祭器が使わるという
 文化がある。
  この様な事例から、すべての文化が大陸から伝わったという考え方が否定
 されて来ている。
     ・
     ・
紀元前660年2月11日、日本が建国された。
  神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと)が九州からの東征を終
 えて、初代天皇・神武天皇として即位し、建国した。
  橿原(かしはら)神宮がその地・・
     ・
     ・
紀元前5世紀~紀元前1世紀、ケルト人が、ヨーロッパ中部、および、西部域で
 活躍した。
  ケルト人・・元はヨーロッパ中西部の広い地域に居住していた民族。
  ドルイド教による自然崇拝と多神教が特徴で、神話には妖精や巨人が登場
 する。
  ローマ帝国の領土拡大やゲルマン民族の大移動によって征服され、また、
 同化し、また、変質した。
  今・現在でも、その古い文化はイギリスやフランスの一部に残っている。
  他民族を駆逐するというイデオロギーのあるヨーロッパ・・
     ・
     ・
67年、仏教が中国に伝わる。
  東漢の明帝の時で、仏教は平等で無差別を主義としている。
  しかし、中国で信仰される様になるのはこの2世紀の後の「晋」の時代の
 ことだった。
  日本に伝わったのは538年だったが、すぐに聖徳太子が仏教の注釈書を著し、
仏教は完全に消化され、奈良時代は広く民間に伝えられた。
     ・
     ・
301年、アルメニア王国がキリスト教を国教とした・・世界で初めての国教化
 だった。
  アルメニアは小国・・旧ソ連の南西部の黒海とカスピ海に挟まれた南コー
 カサス地方にある。
  アルメニアの人たちはアルメニア語を話すインド・ヨーロッパ語族に属す
 る人たち・・宗教はキリスト教(アルメニア使徒教会)
  このアルメニアの方たちはディアスポラに会い、民族がバラバラになった。
  民族の半数が世界に逃れ散らばった・・
  ロシア、フランス、イラン、アメリカへ逃れた・・(日本もこの様になら
 ねば良いが・・国を守ることにのほほんとしていたらこのようになる)
  ノアの方舟のアララト山に漂着するがこのアルメニアの山・・現在はトル
 コ領となっている・・
  そして、第一次世界大戦の時、アルメニアの方々は、この時にオスマント
 ルコに150万人もの人々が虐殺されている・・
  そして、最近も、このアルメニア・・ウクライナと同様に欧州連合(EU)
 に入りたいと欧州連合協定を結ぶ準備を進めていた・・
  しかし、土壇場でロシアの圧力で、ロシア主導のユーラシア経済連合に入
 らされた・・ロシアがからんで、この時も、この様なごたごたがあった・・
  ロシアは、卑劣な圧力をかけた・・
  アルメニアの敵対国のアゼルバイジャンへ武器を渡すという嫌がらせ行為
 もした・・
  また、アルメニアの国内にいるロシア工作員を使って、政治的にごたごた
 を起こし、政治を不安定化したりもした・・
  また、エネルギー価格を急激に暴騰させて、経済混乱を起こさせたりした。
  この様な数々の嫌がらせにアルメニアは屈した・・2013年9月、アルメニ
 アは、ロシア隷属のユーラシア統合に入るとした。
  ロシアは、喜んで天然ガス価格を安くし、更に、値引きまでした。
  当時の政治的リーダーのニコル・バシニャン氏は、「ユーラシア経済連合
 に自発的に入ったのではなく、強要されて加入したのだ」と圧力に屈せず事
 実を明言した・・
  氏は、2018年5月、首相に就任している。
  これに先立つ、2017年11月、アルメニアは、EUと「包括的拡大パートナ
 ーシップ協定」をしたたかに結んでいる。
     ・
     ・
5世紀〜9世紀、フランク王国の時代
  西ヨーロッパを支配したゲルマン系フランク人の王国。
  最大版図は、8世紀後半〜9世紀前半に在位したカール大帝の時代で、現在
 のフランス、イタリア北部、ドイツ西部、オランダ、ベルギー、ルクセンブ
 ルク、スイス、オーストリア、スロベニアに相当する地域を支配した。
  カール大帝の死後は3つに分裂し、その内の西フランクが現在のフランスの
 起源。
     ・
     ・
605年、聖徳太子は数え32歳のこの年、斑鳩(いかるが)に移り住んだ。
  この頃の大和政権の中心は、飛鳥(あすか)にあった・・
  斑鳩は、飛鳥から北西へ約16キロの地だった。
  聖徳太子は、愛馬の黒駒で通った。
  この道に「太子道」という名がついている。
  この地に移ったのは強い権力を持つ蘇我(そが)氏から距離を置くためと言
 われている。
  蘇我馬子は、蘇我の血を引く32代崇峻(すしゅん)天皇とも対立して暗殺
 に及んでいる。
  太子の叔父の生々しい悲劇だった。
  太子が築いた斑鳩宮は、今の法隆寺の夢殿付近になるが、210メートル四方
 の壮麗な邸宅だった。
  また、斑鳩宮は、近くに大和川が流れ、大量な荷が運べる地だった。
  船は有力な運搬手段だった。
  この頃、朝鮮半島の国々との往来は極めて活発だった。
  日本書紀に「この年に新羅人が多く来朝した」「百済国から来朝した者が
 いる」なとの記述が数多い。
  608年、隋の使者、裴世清(はいせいせい)が大和川をたどって大和に入った。
  遣隋使の小野妹子の帰国に随行して来た。
  600年、遣隋使の際に隋の皇帝は、倭国の政治や風習を「道理に合わない」
 と酷評した。
  裴世清の来訪時は整備途上だったとみられる。
  やがて斑鳩にはやがて大陸の水準にも遜色のない建築群が建ち並んだ。
  太子は、法隆寺の堂塔が立ち上がっていく状況を見ながら、隣接する斑鳩
 宮で15年以上暮らした。
  斑鳩は政治と仏教の一体化という太子の理想の象徴で、対外的にその文明
 を発信した国際的モニュメントだった。
.
606年、日本最初の仏師である止利仏師(鞍作止利)が、聖徳太子のもとで、安
 居院(飛鳥寺)本尊の釈迦如来座像(飛鳥仏)を制作した。
  そして、この仏像制作様式は「法隆寺金堂本尊釈迦三尊像」に結実した。
  この釈迦三尊像は、625年、止利仏師が聖徳太子の病気平癒を祈願して制作
 したものであった。
.
669年、遣日使・・中国の隋(ずい)からは裴世清(はいせいせい)はじめ高位
 の役人が32艘の船を引き連れ、日本に学びに来た(史実にある事実)
  (参考)裴世清:はいせいせい、生没年不明、7世紀前半に中国王朝の隋
     の煬帝による命令で俀國(倭国)を訪れた使者。
  天智天皇8年(669年)に、遣日使の二千余人が、日本に学びに訪れた。
  朝鮮の新羅からは三十数回も日本に来ている。
  渤海(ぼっかい)からは33回の来日。
  中国やこの渤海から日本に学びに来た人数と回数の方が、日本から遣唐使
 となって行った人数や回数よりはるかに多い状況。
  百済滅亡の時には、大勢が百済から逃れて来て、日本に住み着いた。
  日本は、彼らを排斥せず、また、彼らも穏やかに日本の家風に馴染み、風
 土に馴染みいつしか日本人となっていった。
  古代の時代かあ、日本人は、排斥主義であるということではなく、間口の
 広い、懐深い民族であった。
.
671年、渤海の使節団が朝見のために来日した。
  渤海の使節団は2000人にも及ぶ大使節団だった。
  この国は、日本に33回も朝見している。
  (参考)朝見:ちょうけん、① 臣下が宮中へ行って天子に会うこと。
      天子に拝謁すること。
      ② 儀式として、天皇・皇后・太皇太后・皇太后に拝謁すること。
      天皇の践祚後、皇族男子の婚儀後、皇族女子の臣籍降嫁前などに
     行なわれる。
  (参考)渤海:ぼっかい、現在の中国東北部、シベリアの沿海州、朝鮮北
     部を領有し、7世紀末から10世紀初頭に栄えたツングース系の靺鞨
     (まっかつ)人の国。
      高句麗滅亡後、唐に屈し、その遺民として唐の支配下に入った靺
     鞨人は、大祚栄(だいそえい)に率いられ、698年、現在の朝鮮半島
     の北方部の地に震国を建てて自立した。
      祚栄は、713年、唐朝から渤海郡王に封ぜられ、以後渤海をもっ
     て国号とし、仏教文化が栄えた。
      南方の朝鮮の新羅(しらぎ)とは対立した。
      727年~919年、日本とはしばしば通交した(遣渤海使)。
      ことに都の上京竜泉府(東京(とうけい)城)は栄え、〈海東の盛
     国〉と称せられたが、西方に興った契丹(きったん)のため、927年に
     滅ぼされた。
      18世紀末以降、朝鮮の史家は渤海を高句麗の継承者としてとらえ、
     新羅と並立する南北国時代と見ている・・
.
711年9月18日、古事記の誕生につながる命が天皇陛下よりなされた・・
  太安万侶(おおのやすまろ)に詔して、稗田阿礼の誦み習うところを筆録し
 献上せよと命じられた。
  安万侶は種々くふうをしてこれを筆録し、3巻の書物とし、翌年正月28日
 に奏上する。
  古事記では、最高神の天照大神(あまてらすおおみかみ)でさえも、高天ヶ
 原(たかまがはら)に田んぼを持っていて、田植えをし、また、機織りをして
 働き、そして、生活をしている。
  日本の神々は、この様に真面目に働き生活している。
  西洋のキリスト教の神は、イエスは父なる神の右に座っているとその存在
 を示しているだけ。
  生活の欠片(かけら)も感じさせない。
  神話と言っても日本は西洋とはまったく違う。
  西洋は、生活の中で空想で造り上げた宗教から生まれている。
  しかし、日本は、語り継がれた先祖の生活が神話になり神となった。
  実在の発展の中の神話なのである。
  だから、西洋の空想の神は奇想天外なことをする。
  空想だから人間のできない様なことを色々とする。
  しかし、日本の神は実在の先祖の人たちから神話となったから実在だから
 西洋の神の様な奇想天外なことはしない。
  その様な地に足が付かない様な空想話などない。
.
752年、世界最大のブロンズ像である東大寺の大仏の開眼供養が行なわれた。
  745年に、聖武天皇が発願して制作が開始された・・
  製作期間は、7年間。高さは14.7メートル、耳の長さ2.5メートル、
 目の幅1メートル、
  大仏殿の幅57.5メートル、高さ49.1メートル、(創建当時の約3
 分の2になっているが、世界最大の木造建築、
  1270年前の当時の建築技術の高さが偲ばれる。
  この様な壮大な建物と大仏が作られる陰には聖武天皇の悲しみと苦悩、そ
 して、民の温かい支援があった。
  8世紀前半の奈良時代の日本の状況は最悪だった。
  干ばつや大地震などで民は苦しみ、また、天然痘が流行し、地方の指導者
 達も次々に病死した・・政争もあって、聖武天皇はこの様な状況に心を痛ま
 れた・・
  また、728年、聖武天皇は、待望のお世継ぎだった息子基親王(もといしん
 のう)を1歳に満たずに亡くしてしまわれていた。
  この様な中、民衆の救う責任がある聖武天皇・・この時、「仏教の力で国
 を安定させたい」と決意した。
  愛する我が子の冥福を祈って建てていた平城京近くの小さな山房(山の中
 の家)・・これが「東大寺」と呼ばれるようになった。
  そして、思う・・天皇の位を受け継いだ私の志は、広く民衆を救うことに
 ある・・私は仏教の力によって、全てのものが心安らかに暮らせる世の中に
 なるようにしたい・・そこで、人々を導く修行者(菩薩)として廬舎那仏(大仏)
 を造ることに決めた・・
  743年11月5日、大仏造立の詔(みことのり)
  この天皇の詔にも・・「天皇の位につき、人民を慈しんできたが、仏の恩
 徳はいまだ天下にあまねく行きわたってはいない・・
  三宝(仏、法、僧)の力により、天下が安泰になり、動物、植物など命あ
 るものすべてが栄えることを望む。
  ここに、天平15年10月15日、菩薩の(衆生救済の)誓願を立て、盧舎那仏
 の金銅像一体を造ろうと思う。
  国じゅうの銅を尽くして仏を造り、大山を削って仏堂を建て、広く天下に
 知らしめて私の知識(大仏造立に賛同し、協力する同志)とし、同じく仏の
 恩徳をこうむり、ともに悟りの境地に達したい。(中略)
  この事業に加わろうとする者は、誠心誠意、毎日盧舎那仏に三拝し、自ら
 が盧舎那仏を造るのだという気持になってほしい。
  たとえ1本の草、ひとにぎりの土でも協力したいという者がいれば、無条件
 でそれを許せ。
  役人はこのことのために人民から無理やり取り立てたりしてはならない。
  私の意を広く知らしめよ。
  当時の日本では、これほどの大きな仏像を造るのは容易ではなかった・・
  造立に必要な銅は500トン以上、そして、金は440キロと記録が残ってい
 る。
  日本各地で橋を作ったりしていた行基(ぎょうき)という僧・・布教活動
 や貧者救済、治水工事などをして各地を回る行基は、民衆からの信頼が厚く、
 彼を慕って工事に集まる者は、時に千人を超えたと言われている・・
  この信望の厚かった行基に聖武天皇は協力を目を付け、大仏造立の責任者
 に任命した・・
  全国から260万人もの民衆が集まり、国を挙げた一大プロジェクトとなった。
  奈良時代の人口は約500万人と言われているので、日本人口の半分以上の
 人々が東大寺造立に参加したことになった。
  そして、約9年の月日を経て、ついに完成に至る・・
  こうして、天平勝宝4年4月9日(752年5月26日)には大仏開眼供養会が挙行
 された。
  聖武太上天皇(すでに譲位していた)、光明皇太后、孝謙天皇を初めとす
 る要人が列席し、参列者は1万数千人に及んだ。
  その後、聖武天皇の想いは平安時代になっても受け継がれ、大仏は民衆の
 心の支えになっていた。
.
815年、新撰姓氏録が作られた。
  嵯峨天皇の命によって編纂された古代の氏族たちの名鑑。
  京都や畿内に住む1182の氏族たちについて書かれた名鑑。
  出自によって「神別」「皇別」「諸蕃」に分類されている。
  先祖をあきらかにしたもの。
  主に、氏族たちの改賜姓が正確かどうかを判別するために編まれた。
  因みに、「神別」は天津神(あまつかみ)・国津神(くにつかみ)の子孫の氏
 族たち。
  「皇別」は皇室から降下した家の氏族。
  「諸蕃(しょばん)」は渡来人の系譜の氏族のこと。
  国津神は天孫降臨の以前からその地に住んでいた土着の神で、藤原氏や物
 部氏はここに属していた。
  藤原氏は関東に住む中臣氏の系譜にある。
    ・
    ・
    ・
1690年、イギリスの政治哲学者のジョン・ロックは、二篇の論文からなる政治
 哲学書「統治二論」を書いた。
  第一論は、ロバート・フィルマーが唱えた「国王の絶対的支配権は、キリ
 スト教が唱える人類の祖先のアダムの子どもに対する父権に由来する」とい
 う王権神授説への反論・・キリスト教の否定・・
  第二論では、政治権力の起源を王権神授ではなく社会契約にあるとして、
 その範囲や目的などを論じた。
  フランス人権宣言やアメリカ独立宣言に大きな影響を与えた。
.
1763年9月、朝鮮通信使が日本に向けて朝鮮のソウルを出発した。
  その詳細が朝鮮通信使の一人(金仁謙)が書いた「日東壮遊歌」にあり、
 総勢500人という大勢の使者が「文化の低い朝鮮から、文化の高い日本に来た
 使者」と記されている。
  この第11次朝鮮通信使は将軍が代わって任務に就いた祝いの任のためで
 あり、日本滞在が8ヶ月も及び、その滞在を含めて全工程が11ヶ月という長旅
 だった。
  対馬で食べたサツマイモが美味しかったので、種芋を乞うて朝鮮にサツマ
 イモを持ち帰ったと記されている・・
  日本が教えてあげた朝鮮半島へのサツマイモの伝来となった(日本に教え
 を乞うた朝鮮の成果の一つ)
  また、淀川では日本の水車の見事さに感服し、「見習って教えて貰いたい」
 と技術を知りたがった・・ちなみに、明治になってからも1881年に来日した
 朝鮮から派遣された一行も水車製造所を視察コースに入れている。
  朝鮮は、この様な事実を隠して、嘘を言って「日本へ技術を朝鮮経由で教
 えた」と言っている・・
.
1789年、「イエス殺し」と、キリスト教から怨念の様に差別されて来たユダヤ
 の方々は、1789年のフランス革命の「すべての人間に、人として生きる権利
 がある」とする人権宣言によって、大きく改善された。
.
1825年、外国船打払令
  江戸幕府が出した外国船打払(うちはらい)の 法令。
  異国船打払令とも言い、「文政の打払令」とも言う・・日本の沿岸に近づ
 く外国船は、理由を問わないでみな砲撃し、撃退せよというもの・・当然、
 日本の政府の主張・・
  外国側にもこの様にしてくれという理由があるのだろうが、日本政府の主
 張を説得するのは自由だが、日本政府の主張を破って強引に自分の主張だけ
 を元にして行動するのでは外国船側にその正義の理由は無い。
  日本の法律を破って自国民に被害が出たとしたって外国側にその落ち度が
 ある・・
  イギリスが、中国で無法な行為、アヘンを売りつけ、強引な行動をして、
 あれほど中国を困らせていて、日本政府がその様な事情をよく知っていて、
 この様な法律を発布したという理由にも正義がある。
  日本の法律の「外国船打払令」を日本は出し、日本を平穏な平和な状態に
 して置きたいとした・・これは正義の論理である・・そして、日本は日本の
 内外にそれを布告・布令して知らしめた。
  しかし、蛮行をやれなれている外国船は、他の国と連れ立ってその法律の
 下に行動を起こす国(藩)にやって来て、挑発し、その国(藩)の砲撃に反撃し、
 戦争となった。
  そして、自分の強さを笠に着てその国(藩)を打ち負かし、その国(藩)から
 莫大な金を賠償だとして巻き上げた。
  また、幕府も悪いのだと幕府からも金をせびった。
  一国だと負けるかもしれないからと、群れをなしてやって来て挑発した。
  まったく質(たち)の悪い愚連隊ごときのやり方で挑発して金儲けをした。
  白人の欧米列強諸国の質(たち)はこの如く愚連隊ごときだった。
  日本は、あちこちの色々な場面でこの様に金を巻き上げられていた。
  生麦事件にしても日本の法律・慣習を知らないイギリス人が、結局、悪い
 のである。
  日本の法律・慣習の作法によって斬られたのであって、悪いのは白人のイ
 ギリス側にある。
  白人には、キリスト教の有色人種蔑視観にあって、その有色人種に斬られ
 て殺されたとして、薩摩藩と戦争をし、薩摩藩と幕府の双方から大金を巻き
 上げた・・愚連隊行為である・・
.
1852年、明治天皇陛下が御生誕。
  この頃の京都御所は荒れ果てていた。
  室町時代以来、歴史になかったほどだった。
.
1905年、日本は、日露戦争に勝利した。
  そして、その講和条約(ポーツマス条約)で、日本はロシアから賠償金の代
 わりに満州権益を得た。
  ロシアは、ウラル山脈を越えて東進し、他国の領土を奪い続けて来て、こ
 こに至った・・
  そのユーラシア大陸の東端で、太平洋にぶつかると南下し、そして、相変
 わらず他国を奪い続けた。
  そして、満州族(女真族)の人たちの国も奪った・・満州族(女真族)の方々
 が住む満州を奪った。
  その満州が、ポーツマス条約で賠償金の代わりに日本へその権益が移った。
  今、漢民族という何ら関係のない民族の共産・中国が「中国東北部」と称
 して、共産中国のものとなっているが、当然、中国(漢民族)のものではない、
 共産中国の国ではない。
  この地を、中国が、万里の長城の外の地で「化外の地」としていたことか
 らも分かる通り、ここは中国の漢民族の地ではない。
  中国が、わざわざ「中国東北部」と呼ばせて、必死に中国の自国領の地だ
 と主張しているところからも「中国領でなない」ことが分かる・・中国は後
 ろめたいのだ。
  中国は、早急に、その地を満州族の方々へ返還せよ。
  中国は、遠い昔から色々な手を使い、また、色々なたぶらかせを行って、
 周辺国を奪って来た・・その歴史だった。
  その様な行為は今・現在でも止まらない・・止めようともしない。
  南シナ海を奪い、ブータンの地を奪い、国境を接するインドやネパール、
 ベトナムなどを奪っている・・そのための紛争が今でも絶えない・・中国は
 国境問題を多発させている。
.
1915年、原爆ドームとなる広島県物産陳列館が建設され、竣工した。
  この30年後に原爆にあう。
  当時、急速に経済規模を拡大していた広島市が、県産商品の販路拡大を目
 指して建設したもので、商業の発信地として、また、文化の中心地として活
 躍した。
  そして、建設後の30年、この地の上空600メートルにアメリカが原爆を
 投下し、炸裂させた。
  一般市民を虐殺する目的で、アメリカは、この地に投下した。
  熱線と爆風で多くの市民が殺された。
  広島市民の半分が一瞬に蒸発して死ぬという卑劣この上もない行為をアメ
 リカは行った。
  ドイツのヒトラーのユダヤ人の方々への虐殺と同じ卑劣なことをアメリカ
 は行った。
  この様なアメリカの卑劣な行為は二度と繰り返させてはならない。
  人類すべてが「過ちは繰り返しませぬから」と祈り、決してアメリカの行
 為を正当化してはならない・・許してはならない・・許すまじ・・
  アメリカは必死に「日本がハワイの真珠湾を奇襲攻撃をしたからだ」とキ
 リスト教の「目には目を」の理屈を持ち出して、その行為の正当化をしてい
 るが、この奇襲としているアメリカの理屈はまったくの嘘・・日本は奇襲を
 していない・・
  宣戦布告行為もちゃんとしているし、ただ、アメリカが待たしていただけ
 だし・・また、アメリカは、先にハワイの真珠湾に来ていた日本の潜水艦へ
 攻撃を加え、交戦し、仕掛けている・・先に手を出したのはアメリカであっ
 て、どこから日本が奇襲をしたのだという理屈が出て来るのか?
  足の遅い潜水艦は先行し、先にハワイに来ていた・・この潜水艦に先に攻
 撃をしかけたのがアメリカ・・
  この事実をひた隠しにして、「日本が先に攻撃をした」とアメリカはでっ
 ち上げ、しかも「奇襲だ」などと嘘のデッチ上げを言っている。
  日本の潜水艦は先行してハワイの真珠湾に来ていたし、日本の本隊の連合
 艦隊の電信を、常時、傍受し、アメリカはすべての動きを知っていた・・嘘
 を言うのはいい加減にしなさいと言いたい・・
  日本の潜水艦に、アメリカが、先に攻撃を加えて、アメリカが先に交戦を
 始めた戦争が第二次世界大戦の日米戦・・
.
1924年、第一次国共合作
  孫文は、北京政府や各地の軍閥と対抗するため、ロシアで社会主義革命を
 して、また、それに続いて、世界革命をもしようとしているコミンテルンを
 容認する動きをしていた・・また、そのコミンテルンを繰るソ連とも接触し
 ていた。
  そして、1924年、第一次国共合作に至った。
  これによって国民党を改組して、中国共産党員を加入させた。
  ソ連共産党員のミハエル・ポロジンが国民党政治顧問に就任し、ソ連赤軍
 からも軍事顧問団が派遣され、赤軍をならって国民党直属の革命軍(党軍)の
 建設が蒋介石を中心に推進された。
  毛沢東や周恩来や劉少奇や鄧小平らの若き共産党員もコミンテルンの指揮
 下に国民党に加入し、農民運動、革命軍建設、労働運動などの新政策を推進
 した。
.
1925年3月、孫文が死去した。
  孫文は、国民政府の樹立が念願だった。
  汪兆銘や蒋介石らの国民党員らが孫文の遺志を継いで、1925年7月、広東省
 広州に国民政府を樹立した。
.
1928年、北伐が成功した・・
  しかし、国民党の基盤を強固にするために取り込んだはずの共産党勢力だ
 ったはずがおかしくなった。
  国民党と共産党との路線対立が生まれて行った。
  最大の対立点は地主しと小作人の問題で、また、資本家と労働者の問題の
 解決方法の対立が生まれた。
  国民党は、民主主義に則(のっと)って平和裡に解決したいとしたが、共産
 党は階級闘争による暴力革命を主張した。
  この様な基本的な相違の溝は埋まるはずがなかった・・これで内戦を戦う
 相違となって行った。
.
1931年11月、毛沢東が、江西省瑞金に中華ソビエト共和国臨時政府を組織し、
 毛沢東が主席となった。
  これは、国民政府の隙をつく行動だった。
  国民党の蒋介石は、日本軍との衝突を「皮膚のただれ」にたとえる一方で、
 共産党の政府樹立と共産党の勢力拡大を「大切な内臓の病だ」と表現し、は
 るかに重大な問題で脅威だと表現した。
.
1932年3月1日、満州国の建国
  日本は、満州の方々と満州の建国の手伝いをさせて戴いて満州国を建国し
 た・・この地に多く住んでいた満州族(女真族)の方々に協力する正しい行
 為をした・・しかし、この行為が正しくないというプロパガンダが盛んに行
 われている・・
  満州族(女真族)の方々が一番多く生活して居た地で、政治体制も布(し)
 いていた歴史もあるこの地で、当然だった・・歴史的にも満州族の方々の地
 だった・・この地域は決して中国の地ではない。
  しかし、現在の中国共産党政権は、昔からこの地が自分の国だった様に振
 る舞っている・・しかし、それはプロパガンダだ。
  その歴史的証拠を示す一つが「万里の長城だ・・しかし、その様な地を、
 他国には、世界には、さも自分の国の様に思わせたいから、中国共産党の現
 政権は、この国を「中国東北部」とわざわざ呼ばせている。
  中国以外の他国だから、中国共産党政権は、わざわざその地の呼び名に「
 中国」という呼び名を入れた、入れたかった・・
  そして、中国の地ではないから、特に、「東北部だ」と強調した、強調し
 たかった・・
  日本は、この地が満州族の方々の地たったから「満州」という呼び名を付
 けた国の建国を手伝わせて戴いた・・そして、この地が平和な安定的な地に
 なっていくことを願った・・そして、この国の良さを育(はぐく)み助けた・・
 その様な地だった・・
  この地に、かつて居た方が、久しぶりにこの地を訪れると満州族の方々は
 まったく一人も居ないという状態に驚き、かつての良き満州族の方々
 が育(はぐ)んだ大地の風情がまったく消えたことを悲しんだ・・馬車(マ
 ーチョ)か遠くに見えたかつてののどかな風情を懐(なつ)かしんだ。
  中国共産党は、その様な風情を消すことに一生懸命だった・・自分たち漢
 民族の土地にしたかった・・
  中国共産党政権は、この様な他国を、西欧ヨーロッパ人には東洋人の見分
 けが出来ないことをいいことに、みな他国を自分の国として取り込み、そし
 て、お墨付きを戴いた。
  東洋人の民族の見分けの出来ない輩(やから)のお墨付きを貰(もら)っ
 て、それを後ろ楯にした・・そんなことをしたってそれらはみな間違いで真
 実ではない・・この満州国にしたって、チベットにしたって、ウイグルにし
 たって、内モンゴルにしたって、雲南省にしたって、その他の地にしたって、
 皆、中国ではない・・漢民族の地ではない・・
  それらの国に中国・漢民族政権は、「国策として漢民族をそれらの国に送
 り込んでいる」・・チベットなどはとうとう漢民族が一番多い状況になって
 しまった・・この様にして漢民族の中国の地としている・・中国には14億
 人以上もの漢民族が居る・・この様な事をするのはたやすいこと、容易(よ
 うい)なこと・・なので人口移動をせっせとやっている・・そして、チベッ
 ト人などの元いた人たちは別の場所へ移動させている・・中国・漢民族政権
 は、国策としてこの様な「国盗り」を国策としてやっている・・その完成し
 た地が満州国・・
  中国の首都の北京の北に「万里の長城」があるが、その万里の長城の北方
 は漢民族の土地ではなかった・・「満州族(女真族)の土地だった・・だか
 ら、その異民族の侵入を防ぐために「万里の長城」を中国は建設した・・し
 かし、今・現在、「中国東北部」と名付けて、昔から自分の地の様な顔をし
 ている・・そして、殺したのか、追い出したのか、かつての満州族の方々は
 まったく今は居ない・・漢民族ばかりの地にしてしまっている。
  これからチベット、ウイグル、内モンゴル、雲南省などの地が、この様に
 なる運命にある・・そして、台湾、尖閣諸島を手に入れようと「きな臭い動
 き」を活発化させている・・そして、沖縄は中国のものだとの宣伝をしてい
 る・・北海道には、中国要人が何人も来て、手に入れる準備をしている・・
 太平洋はハワイの手前までを第三列島線だと呼んで中華圏だとしている・・
 そして、アメリカと境を分けようとして、ここまで中華圏だと明言している・・
 そして、この次は、「カリフォリニアまでが中華圏」というのが次の言葉と
 なっている・・そして、今、中国工作員がウィキペディアなどで必死に日本
 を貶(おとし)めて記述し、自分たちの中国の国にしたという筋立ての工作
 をしている・・しっかり正しい歴史の流れを観なさい・・消せない「万里の
 長城」も存在している。
.
1933年、東トルキスタン共和国が独立した・・
  今は、中国によって新疆ウイグル自治区とされている、そして、領土を領
 有されている・・
  この地は独立を勝ち取ろうと、中国と戦ってきた歴史のある地だった・・
  在日ウイグル人が命がけの証言をする・・
  今、中国の新疆ウイグル自治区という場所は『東トルキスタン共和国』と
 いうれっきとした国だった。
  1933年~1934年、および、1944年~1950年に、第一次東トルキスタン共和
 国と第二次東トルキスタン共和国が樹立されて、独立政府によってれっきと
 統治がなされていた。
  場所は、タリム盆地カシュガルを中心とした地域であった。
  そして、今、その地に新疆ウイグル自治区として属国化された166万平方キ
 ロメートル(日本の4倍以上の面積)の地が存在している。
  この地で、今、中国による卑劣・下劣な侵害行為が行われている。
  今までの欧米列強の植民地では、その植民地の労働力が搾取されていたが、
 人口が多いこの地、人間のいっぱいいる中国は、その様な植民地の労働力な
 どは必要とされていない、あてにされていない・・その植民地の人々が持っ
 ているものが欲しいだけ・・それを奪う共産中国政権・・
  だから、ウイグル人の方々を何百万人と収容所に収容した・・そして、そ
 のウイグル人の方々が持っていたものを取り上げるという方法をとっている。
  共産中国政権は、自分に都合のよい再教育の施設だと称している・・
  持ち主が居ないような状態になったそのウイグルの方々の地は、今、中国
 政権は、ウイグル人の方々の農園や耕作地を奪う行為をしている・・格好の
 良い名目を付けて・・
  収容所へ連れて行くという行動と共に、この様な行為以外に、今まで、定
 期的に虐殺が行なわれて来た・・日本の政権与党の公明党は、これらの卑劣
 な中国政権の行為を、世界が糾弾しているのに、「証拠がないと言って中国
 共産政権を庇(かば)った」・・
  1928年、蒋介石によって新疆省長が任命された・・そして、圧政が行われ、
     腐敗した政治が行われた。
  1931年、ウイグルの方々が蜂起した・・しかし、この蜂起軍は撃破された・・
     しかし、これに負けないで再起して行く・・
  1932年、トルファンで、再度、反乱の蜂起が起きた・・しかし、これも撃
     破された・・しかし・・
  1933年4月12日、この地に逃れて来ていた白系ロシア人と満州族の傭兵も加
     わってクーデターがを起こした。
  1933年6月、また、別のウイグル人の人々も抵抗運動をして、漢民族を駆逐
     した・・漢民族は和平提案をしてきた、そして、ウイグルの方々の
     要求を受け入れた・・しかし、不都合なことがあって、戦闘は、す
     ぐに再開された・・ウイグル軍はソ連へ逃れる・・
  1933年7月、ウイグル軍がこの時は一部を取り返すという善戦をした(トク
     スンの戦い)・・
  1933年8月1日、ウイグル人指導者が新疆辺防督弁に正式に任命された・・
     この様な涙ぐましい戦いの一事例の様な戦いが別の場所でも行われ
     た・・
  1933年11月12日、東トルキスタン・イスラーム共和国の建国が宣言された。
  この様な歴史的な地を、今、中国共産党は完全に、漢民族の地としようと
 している・・
  過酷な労働を強いたりした、死に至ったり、殺された人も多くいた、それ
 も、個人的ではなく、村落単位という規模で殺すという事も行なわれた・・
  年齢的には若い年代をターゲットにして中国は殺した・・若い層が成長し
 て武装化して抵抗することを中国は恐れた・・この様な若者が殺された県が
 いっぱいある・・ウルムチ事件、ゴルジャー事件、バーレーン事件、コルア
 ー事件など・・
  定期的に殺すという最悪・極悪状況だった・・抵抗することが出来ない状
 況にして行なわれて来た・・目的は、ウイグル人の人口を減少させるという
 目的だった・・
  今は、監視カメラなどの技術を使い、テクノロジーで徹底的に監視されて
 いる・・
  死んだウイグル人の内臓が盗られることも行なわれている・・また、薬の
 実験動物的なこともやらされている・・
  収容所に収容されてただ入っているだけではなく定期的に薬を飲まされて
 実験動物的な扱いを受けている・・
  ウイグル人の方々は、宗教的に酒を飲まないし、タバコも吸わないので健
 康な内臓を持っている、そのため、そのウイグルの方々の腎臓などが利用さ
 れている・・中国人の漢民族の幹部の内臓移植に使われている・・その提供
 者にウイグル人の方々がされている・・
  ウイグル人の方々の子供たちが行方不明になることが多い・・見つかった
 子供はその内臓が無いという状態・・
  子供の内臓まで、その手が及んでいる・・
  親が収容される・・その様な状況から子供が路頭に迷う・・その様な子供
 を集めて、その50万人ものウイグルの子供たちに、ウイグル語を使わないよ
 うにされる・・
  中国語を使い中国化の洗脳がなされている・・
  強烈な思想洗脳もなされている・・
  日本にも孔子学院があるが、このウイグルでも孔子像の前で孔子崇拝のマ
 インドコントロールがなされている・・
  暗記などの詰込みのマインドコントロールが毎日なされている・・
  日本人の兵士も帰国できないようにされて精神的に狂いそうになるまでの
 洗脳教育を中国にされた過去があるが、それと同じようなことがなされてい
 る・・
  親から離され、国家イメージも無くし、ウイグル人のアイデンティの破壊
 を目論んでいる・・
  中国共産党を讃えるマインド・コントロールがなされている・・
  歌も繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し謳わされたりしている・・
  人権はまったく無視されている・・
  中国共産党のお蔭で今の中国があるなどと強制的に讃えさせられている・・
  子供だけではなく大人まで一斉に強制的に唱和させられる、自由行動は許
 されていない・・
  (参考)【在日ウイグル人の証言】中国「ウイグル人の内臓は高く売
     れる」【WiLL増刊号#433​】
       https://www.youtube.com/watch?v=c_gaeLr-XSs
.
1937年12月14日、南京陥落の翌日のこの日、旧北京政府の官僚を中心にして中
 華民国臨時政府が北京に樹立された。
  この政府は、一時、河北省、山東省、河南省、山西省を支配した。
  しかし、農村部は無政府状態に置かれた。
  共産党は、この様な農村部に浸透して勢力を拡大して行った。
.
1937年12月、南京攻略直後のこの頃から、日本は戦争の終結を模索し始めた。
  アメリカに武器弾薬を支援され、また、扇動されて、日本租界を中国軍が
 攻めて始まったこの戦い・・日本は、常に、戦争の終結を模索していた・・
  そして、この頃より、政府と陸軍参謀本部による蒋介石との和平交渉が繰
 り返され始めた。
  1940年7月には、支那派遣軍総参謀長と蒋介石との湖南省長沙での会談が予
 定された。
  しかし、蒋介石は、一方で、裏切り行為をしていた。
  この和平交渉を引き延ばすことをしつつ、アメリカへ介入工作をしていた。
  アメリカとの思惑が一致して、アメリカは大々的に介入して来ることにな
 る・・日中戦争が泥沼化する大きな原因はこのアメリカの介入・・アメリカ
 の思惑からすべてが発していた・・
.
1941年12月5日頃、ハワイの真珠湾で、アメリカ軍が、日本の潜水艦へ攻撃し、
 日米の開戦となる・・アメリカが先に手を出して始まった第二次世界大戦(
 日米戦)
  第二次世界大戦の日米の戦いはアメリカから始まった。
  しかし、アメリカは、卑劣な事に『日本が奇襲をした』とでっち上げた。
  この様な誤魔化しを最初から目論んでいたアメリカだった・・嘘つきアメ
 リカである・・アメリカが先に手を出し交戦した戦争である・・このアメリ
 カの嘘で日本はどれだけ苦しむかである・・
  その挙げ句、広島と長崎に原爆という卑劣な爆弾を落とされ、真珠湾の奇
 襲したからだという嘘の濡れ衣を理由にされている・・また、その嘘のプロ
 パガンダを世界に吹聴され、世界は日本を今だに間違って見ている・・
  日本に奇襲をさせたいアメリカは、必死の日本の和平交渉も無視した・・
 日本は開戦直前まで和平の努力をしていた・・
  日本は、冷静に日米戦争の勝ち目のないことを分析し、知り尽くしていた・・
  そんな戦争はしたい訳がない・・
  日本を潰したいアメリカがそこにあった・・ヨーロッパ戦線に参戦したい
 アメリカがそこにあった・・
.
1941年12月、日米戦争が開始されると、蒋介石の国民政府は、それまでのアメ
 リカとの関係の功績から連合国の一員と認められた。
  また、1943年には、アメリカとイギリスの間で不平等条約の撤廃が実現し、
 さらに、治外法権の撤廃もなされた。
  さらに、カイロ会談では、アメリカ・イギリス・中国の三者会談において、
 日本の降服後に満州と台湾が得られることになった。
  ここで満州族(女真族)の方々の国を漢民族の中国へ渡す間違いを犯して
 いる・・
  更なる間違いは今の現政権の共産中国が得たという訳ではない・・また、
 さらに、今の共産党中国政権にその戦いの功績があるという訳ではない。
  現政権の中国共産党政権に満州と台湾が帰属するという理由はまったくな
 い・・
  中国は台湾を「化外の地・・氏政権の及ばない関係ない国」と日本に説明
 していた・・
  しかし、現政権の中国共産党政権は、当然のごとく満州を中国東北部と称
 して奪い、さらに、台湾を我が物だとして奪おうとしている。
  また、この様な歴史的な経緯であるのに、共産党中国政権の国際連合での
 常任理事国のポジションが与えられている・・歴史的事実とまったく関係の
 ない共産党・中国にこのポジションが与えられるべき正当な理由は無い・・
  しかし、この国民党の本当の中国の功績はまったく無視され、まったく関
 係の無い共産党中国が平然とそのポジションに、今 居座る・・
  この頃の共産党中国は、まったく戦う勢力を持っていず、中国奥地の延安
 で勢力拡大のための金稼ぎのためのアヘン栽培をしていた・・麻薬密売の大
 罪を侵していた・・その様な史実の真実の勢力に、まったく関係無い過大な
 ポジションが与えられている。
  また、日本には侵略の意図はなく、戦局をコントロールしていたのはアメ
 リカに扇動された中国であった。
  援蒋ルート(蒋介石を援助するルート)と名付けられたルートを通じて中国
 に介入するアメリカが武器弾薬を日米戦の開始前から裏から注入していたア
 メリカの操作によってこの戦い(日中戦争)は続けられていた・・事実上の日
 米戦だった。
  アメリカは、この中国から日本爆撃さえ計画していた。
  日露戦争の結果、日本が得られた満州権益は国際社会も認めていた。
  侵略性のある欧米諸国がその自己の侵略性のその事実を隠す意味で日本の
 ことを侵略だとあげつらった・・
  また、ソ連も日中戦争の継続工作を行っていた。
  ドイツと戦っているソ連は、日本を中国に釘付けにしたかった。
  盧溝橋事件でさえコミンテルンの工作に繰られた中国側の発砲で始まって
 いる・・訓練中の日本軍に中国共産党員が最初に発砲した。
  今・現在の共産党中国政権は、今・現在の地位があまりにも美味しくあり
 がたいので必死に嘘の「歴史神話」を作ってプロパガンダしている・・
.
1945年8月9日、ソ連が・・南樺太・千島列島・北方四島の日本領土と満州へ侵
 攻を始めた・・
  満州では、日本人開拓団の方々を戦車で踏みにじって轢(ひ)き殺した・・
 逃げまどう日本の開拓民の方々は機関銃掃射で無残な殺し方を行ない・・ま
 た、日本女性の方々に対しては卑劣な強姦行為をソ連(現:ロシア)は行っ
 た・・
  ソ連(現:ロシア)は、日ソ中立条約を一方的に破棄したとして日本の領土に、
 突然、侵略を始めた。
  破棄条項のない破棄などできる訳がない条約だった(ただ、数年後の継続
 か否かの条項のみ)・・日ソ中立条約は破棄が出来ない条約だった、二国間
 の取り決めだった・・この約束を無視してこの様なハレンチな事をしたソ連
 (現:ロシア)・・数年後に継続か否かを決める条項しかなかった・・
  しかし、卑劣なソ連(現:ロシア)は、「破棄をした」として嘘を宣言し、不
 法行動の侵略を始めた。
  また、このソ連(現:ロシア)は、第二次世界大戦もこの様な不法行為をして
 第二次世界大戦を始めている・・ナチス・ドイツと一緒になって第二次世界
 大戦を始めるという大罪を侵している・・卑劣な集団のドイツのナチとグル
 になっていたソ連(現:ロシア)・・
  1939年9月17日に、ソ連(現:ロシア)は、宣戦布告もしないで、突然、ポ
 ーランドを侵略し始めている・・卑劣なドイツ・ナチスと連携をとるロシア
 (旧ソ連)
  ソ連(現:ロシア)は、この様なことばかりをしている。
  この時、日本の領土を奪いに来た時にも、日本人を大勢虐殺し、日本の兵
 士や一般の日本人まで拉致してシベリアへ連れて行った。
  ソ連(現:ロシア)は、この様な極悪なことばかりをしている。
  この時は60万人以上の日本人を拉致した。
  そして、極寒のシベリアの地で強制労働をさせた・・劣悪な環境の中で、
 また、劣悪の施設の中で、また、劣悪な食事しか与えず非人道的な行為をソ
 連(現:ロシア)は行った。
  この様な卑劣なソ連(現:ロシア)の行為によって60万人以上もの日本人が死
 に、また、殺された。
  そして、卑劣なことに、現:ロシア政権のプーチン政権は、この様な極悪
 行為を反省するどころか、嘘を捏造して打ち消そうとしている。
  この様な行為を「屋上屋を重ねる」と言う。
  屋根の上に、また、屋根を重ねるという愚かな行為を言う「屋上屋を重ね
 る」という言葉であるが、戦争後の不法な日本領土侵略の盗む行為の上に、
 その極悪行為を打ち消す嘘を言い出しているプーチン政権である。
.
1945年8月、ソ連は、第二次世界大戦が終わっていて武器を置いた日本兵を、戦
 争が終わって武器を置いた兵士は捕虜でもないのに「捕虜だ」としてシベリ
 アへ連れ去り、そして、その極寒の地で強制労働をさせた・・
  この様な行為は「拉致」という極悪行為である・・
  その様な非人道的な連れ去る拉致行為をし、重労働を課した・・
  さらに、この様な不法行為の上に、この日本兵から情報を得ようと更なる
 不法行為を重ねた。
  日本将兵を長い期間に渡って自由を拘束し、抑留し、卑劣な状況において
 情報を得ようという行為をした・・勿論、これは、国際法違反である・・ジ
 ュネーブ条約の違反行為である。
  また、ポツダム宣言にも違反する極悪行為をソ連(現:ロシア)は犯した。
  更に、弁護人も付けずに、ソ連(現:ロシア)は劣悪な環境で捕虜だとして日
 本兵を取り調べ、情報を得よう圧迫を与えた。
  この様な状況での情報は真実ではない。
  証拠性はない。
  そして真実ではない。
  現ロシア政権のプーチン政権は、更に、卑劣にも、2021年9月上旬、「ハバ
 ロスク裁判(1942年12月)」(731部隊関係者をソ連が一方的に裁いた)の正当性
 を再確認する会議を開いた。
  これは、ロシアの後ろめたい気持ちが現れた行為で、ソ連(現:ロシア)が、
 当時、間違った行為をしていたと思っているからこの様な行為を、今ごろに
 なってまでして行っているの。
  この様な行為は、日本では「墓穴を掘る」と言う・・かつての不法行為が
 明らかになると馬鹿にされている行為なのだ。
 ロシアの現政権のナルインキン対外情報局(SVR)長官が会長を務めるロシ
 ア歴史協会やFSB、外務省など総出で国家行事で行った。
  プーチンは、「日本軍の残虐行為を将来まで記憶することが重要」と言っ
 た・・そして、自分のした残虐行為の後ろめたさを消そうとしている。
  日本人を60万人も拉致して、シベリアへ連れ去り、強制労働などで日本人
 を5万5千人も殺して、どちらが残虐かと言いたい。
  国際法に反する「ハバロスク裁判」を後ろ楯にして、自分の残虐行為を正
 当化しようとしている。
  日本は、誠実に日ソ中立条約を守った・・だから、ソ連(現:ロシア)はドイ
 ツと全力で戦うことができたのではないか・・日本に感謝しなさい・・
  日本の条約遵守に敬意を払うべきなのだ・・現ロシア政権のプーチン政権
 はその様に考えなければならないのだ・・
  プーチンは「日本へ勲章を送るべき」なのだ、そして、感謝状を送るべき
 なのだ・・この様な日本の誠実さの歴史の史実を正しく認識せよ・・
  日本政府は、この様なプーチン政権の間違いを正して行かねばならない。
.
1945年以降、地球の気候は、大きくは寒冷化の動きを示している。
  今では夢の様な話だが、今では「温暖化騒ぎ」まで起きているが、この傾
 向は、約30年間、続いて来た。
  1970年代にこの傾向は止まり、気温は上昇に転じた。
  そして、今、世界は「温暖化騒ぎ」の真っ最中となっている。
  産業革命以来、人類は炭酸ガス(CO2)を排出し続け、温暖化させ続けてい
 るという話は正確ではない。
  これ以前には、1880年から1910年の30年間も寒冷状態にあり、この時、寒
 冷化騒ぎが起きている。
  この様なことからCO2濃度と地球温度の大気温は相関関係はなく、地球の
 大気温は自然変動でアップダウンを繰り返して来ていたと言える。
.
1979年以降、アメリカは、衛星を使って地球の気温の大気温の測定をしている。
  その測定結果の変動は10年間で0.1℃未満だった。
  これは、100年間でも1℃未満ということ・・
  これは、地上の気温測定では、測定する位置の違いで大きく測定気温値が
 変動して、ばらつくため、その測定気温の結果が、即、地球の大気温の変動
 だとし得ない。
  どの様に測定された気温データの元で議論しているかが大切である。
  今、マスコミや政治家に煽られて「平均気温が、今後、3℃〜5℃も上が
 るのではないか」と不安に思っている人が多い。
  しかし、その様なデータはない。
  何しろ、CO2濃度と地球の気温の大気温の相関関係はない・・作られた
 プロパガンダ(嘘宣伝)になっている。
  しかし、都市部のヒートアイランド現象で昇温しているのは事実・・
  だから、しかし、台風が強くなったという裏付けデータはない。
  南極の氷の分析で過去のCO2濃度の測定ができる。
  1万年前の測定値も知ることができ、CO2濃度は上がって来た。
  それは気温とまったく関係なく上昇して来た。
  この様な地球の変動、地球規模の変動であるCO2濃度上昇を止め、そして、
 減少させるという行為は「無謀」で、「無駄」な行為・・
  巨大な蓄電設備が必要なのだとか、ソーラーだとか、風力だとかとの騒ぎ
 は無意味な騒ぎ・・
  また、巨大な金をかけてCO2を発生させながらその様なものを作るのも
 「おかしい?」
  それらの設備をフル使用をしても製造時に発生したCO2を取り戻すことは
 できない・・まったく無駄な行為をしている。
  それらの設備を寿命が来て、取り壊す時にもCO2を発生させるし、意味
 がない・・
  また、この様なことを書くとネットが消される「おかしな社会」となって
 いる。
.
1994年、ウクライナの「主権」と「国境」を尊重するとする「ブダペスト覚書」
 が締結された。
  2022年2月、ウクライナの国境を侵したロシアのプーチン大統領が、自ら、
 署名している。
  条約破りの常習犯のロシア・・
  日本との中立条約まで破った・・条約に書いてない条項を主張してまでし
 て「むちゃくちゃな行動をして日本との条約を破った・・
  ウクライナの今回の条約破りの前にも、ロシアによって破られウクライナ
 のクリミヤ半島の問題があった・・クリミア半島がロシアに奪われた・・
  クリミヤ半島はロシアに併合されてしまった。
  プーチンは、ロシア系住民を保護するんだと勝手に言って、武力行使した。
 自らでっち上げた美化した名目を掲(かか)げて武力行使した。
  最悪なドイツの宰相のヒトラーは、戦前、ミュンヘン会談で当時のチェコ
 スロバキアの一部を割譲することをイギリスに武力をちらつかせながらせま
 り、無理やり飲み込ませた・・
  今回のロシアのプーチンのやり方もこれと同じ、悪の最悪のやり方。
  戦争をちらつかせる卑劣なやり方。
  また、このプーチンは嘘つきで卑劣な男だ。
  2022年2月に、ウクライナへ武力侵攻したが、プーチンは、「冷戦終結時に、
 NATOが東方拡大をしない」と約束したと嘘を言い、今回、この約束をN
 ATOは反古にしたと言うが、NATOはこの様な約束はしていない。
  プーチンはこの様な嘘をよく言う男だ。
.
1995年、李鵬首相が、オーストラリアのキーティング首相に「日本という国は、
 40年後(2035年)にはなくなっている」と言った。
.
1997年、橋本龍太郎政権の大罪・・超長期に続くデフレを作り、日本経済の発
 展を途絶えさせた・・経済大国の地位から転落して行く日本となった・・
  橋本龍太郎政権が、この年の後、日本の首を締め、日本の繁栄に幕を下ろ
 すことになる最悪経済失政を行なう。
  この政権は消費税の増税をした上に財政支出の削減を行なった。
  そしてまた、馬鹿なことに社会保険料を引き上げて庶民から金を吸い上げ
 ることばかりをした。
  ここから日本を苦しめる『慢性デフレ』が始まった。
  デフレからの脱出が至上命題であるにも関わらず2020年に至っても、消費
 税を10%に税率アップをした上に、『悪の緊縮財政論』が政治の世界に席巻
 し、2020年に至っても1997年の大失政と同じことがなされている。
  「景気は拡大基調」という噂のフェイク情報を国民に報じる始末となって
 いる。
  マイナス成長に陥(おちい)っているのに反対のことを吹聴している。
.
2005年、「北海道人口1000万人戦略」構想が北海道チャイナワークの張相律代
 表が提唱した・・
  北海道は中国に狙われており、日本の移民法も中国勢力によって改正され、
 中国人がドンドン入って来ている・・
  それも、この講習会は国土交通省が主催している。
  この国土交通省と言えば、中国に利することばかりをする公明党が長い間、
 ずーっと大臣の席を独占し続けて来た省である。
.
2013年10月、日本の土地が中国に次々買われ、領土問題として重大だが、自民
 党政権の「安全保障と土地法制に関する特命委員会」が、2013年10月に設置
 され、立ち上がった。
  しかし、最初は威勢よくスタートしたものの、ほどなく尻すぼみ状態にな
 る。
  担当議員も重要な役職につくと中国関連という事で元気がなくなり、人が
 変わった様になる・・
  また、市町村長が北京を訪問して帰国すると、似たような変貌ぶりを示す。
  中国トラップにはまったか? 
  中国の『マネートラップ』と『女性トラップ・ハニートラップ』と『名誉
 トラップ』に注意・・勲章をどんどんもらう組織や人が居る・・
.
2014年〜2015年、中国が、何の根拠もなく、南シナ海を強引に領有した。
  そして、この年、ミスチーフ礁、ジョンソン礁などの7ヵ所で大規模な埋
 め立てを強行した。
  軍事拠点化しないと明言していたが、砲台など軍事施設のほか、滑走路や
 格納庫、港湾、レーダー施設などを急ピッチに建設した。
  アメリカのオバマ大統領は、何も言わずに見ていた。
  裏取引をしたという噂・・中国に地球温暖化防止に協力させるためと言わ
 れている・・本当か?・・本当だったら馬鹿な大統領だ・・
.
2014年、ロシアは、奪ったウクライナ南部のクリミヤ半島を併合した。
  当然、してはいけない他国の奪い盗り行為。
  中国と同じ自国領土拡大行為だ。
  中国は、日本の尖閣諸島、沖縄県、北海道を盗りたいとしている。
  2008年には、ロシアは、ジョージア(グルジア)を侵攻して盗っている。
  ウクライナについて、プーチンは、テレビで「帝国時代のすべての領土で
 正当な権利を持つ」と言った。
  ウクライナに「主権などない」という態度だった。
  ウクライナの方々の「ロシアなんて嫌いだ」の意思が尊重されなかった。
.
2014年、NIH(米国立衛生研究所)は、2014年~2019年、ニューヨークの非
 営利団体「エコヘルス・アライアンス」を通じ、中国・武漢ウイルス研究所
 にコウモリのコロナウイルス研究費として60万ドル(約6,600万円)の補助
 金を出していた。
.
2015年〜16年、ロシアは、ウクライナ電力網に対するサイバー攻撃をした。
  また、2017年〜2018年の平昌オリンピックに対するサイバー活動もした。
  アメリカは、ロシア連邦軍参謀本部情報総局の将校ら6人を起訴した。
  また、2020年、アメリカ大統領選挙への干渉、偽情報など、アメリカ側は
 32の組織・個人に制裁を科した。
  ちなみに、ロシアには、軍参謀本部情報総局(GRU)や連邦保安庁(FSB)
 が関与、軍の攻撃要員は1000人。
.
2015年12月23日および2016年、何の権利があるのか、ロシアは、ウクライナへ
 サイバー攻撃をして、ウクライナに突発的な停電を引き起こした。
  2015年の攻撃は12月という厳寒期で、ウクライナ西部の送電会社の3社へ
 の同時に、また、多発的にロシアはサイバー攻撃をし、ウクライナに大規模
 な停電が発生した。
  世界は、サイバー攻撃によって電力の供給を止めることができると知り驚
 愕し、衝撃を受けた。
  停電によるはかり知れない損害をウクライナはロシアによって受けた。
  停電被害を受けた事業者や世帯は22万5000にも上った。
  また、卑劣なことに、ロシアは何千件もの大量の電話を同時にかけ、電話
 使用もストップさせた。
  ウクライナの方々が停電での対処をしようにも、その対処をさせないとい
 う卑劣さだった。
  ウクライナの混乱は、当然、増幅された。
  いざという時には、世界は、この報復をロシアに仕掛けよう。
  ウクライナでは、厳寒期のこの時、保育器に入っていた新生児も居ただろ
 うし、人工呼吸器にかかっていた人も居ただろう、多くの方々が居ただろう。
  ロシアは、さらに卑劣にも、この翌年の2016年12月17日にも、今度はウク
 ライナの首都・キエフに同じ卑劣行為を行った。
  ロシアは、このサイバー攻撃にしろ、原爆投下にしろ、自分は仕掛ける側
 に居るが、自分は仕掛けらるないと考えている・・これは間違い・・
  プーチンの勝手な独りよがり。
  プーチンへより強く攻撃がなされる状況が生まれている。
  ロシアの方々は、この卑劣なプーチンのとばっちりを受けることになる。
.
2017年、中国海軍は、アメリカを追い越した。
  この年、中国海軍は317隻の軍艦を持っていて、それに対してアメリカは
 287隻だった。
  中国はアメリカより1割以上も多い。
.
2018年、炭酸ガス排出の世界の割合。
  1)中国・・・28.4%
  2)アメリカ・14.7%
  3)EU28ヶ国 9.4%
  4)インド・・ 6.9%
  5)ロシア・・ 4.7%
  6)日本・・・ 3.2%
  7)韓国・・・ 1.8%
  8)その他・・30.9%
.
2019年10月、中国は、13種類の肺炎球菌の変異株を持っていた。
  このことは国連機関のWHOのテドロス事務局長も知っていたというニュ
 ースが、どうも発端の鍵を語っている。
  その次の月には、今、流行の新型コロナ・ウィルスの流行が中国でし始め
 たというニュースもある。
  世界のどこにもない肺炎流行の発端のニュース、ここの中国にのみあるこ
 のニュースが流行発端を知らせている。
.
2019年10月、新型コロナウイルスの今回のパンデミックが起きる以前、
    中国はコロナ・ウイルスの13種類の変異株を所持していた。
   この事はWHOのデドロス事務局長も知っていて発言している。
   2019年10月~11月、2021年の遅すぎたWHOの調査報告でも「2019年10
    月~11月頃に武漢地域でCOVID-19ウイルスが広がっていた可能性は大
    いににあり得るとしている。
   2019年11月、武漢のウイルス研究所の研究者3人が、新型コロナの流行
    が確認される前の最初期のこの時、すでに体調が不良な状態にあった
    と2021年5月25日に確認された。
     この時に、すでに中国の武漢は流行初期状態にあった・・この情報
    は確実な情報だと確認された・・また、生物化学兵器研究の可能性が
    消せないとしている・・(2021年5月25日、ウォール・ストリート・ジ
    ャーナル)
.
2019年10月、中国で新型コロナウイルスが発生する・・
  2020年1月、中国から新型コロナ肺炎球菌が世界へ流行りだす。
  この3か月間、中国は何をしていたのか?・・謎の期間である。
  そして、世界はパンデミックとなる。
  しかし、しかし、まったくタイミング良く新しいシステムの免疫システム
 が世界に登場して来る・・ありがたいことである・・今までと違ったシステ
 ムの新方式の免疫の薬である・・
  人類の不思議である・・奇跡的な最良の免疫薬が登場するのである。
  注文が殺到する・・当然、これで、裏に大金をつかむ者ができた。
  どこの国も国策としてどんどんそのワクチンを買った。
  しかも、流行り出させた肺炎球菌の研究をしている国へ、その免疫薬を作
 った国からその病原菌が渡されたという事であった・・
  免疫薬を作った国はあまりにも危険だということで、流行り出させた国で
 その先の研究をする様にとのことで渡したというのである。
  流行り出させた国と、タイミングよく免疫薬を出した国の関係・コンビが
 うまい役回りとなっている。
  某氏の述懐・・
  何故?肺炎ウイルスの流行のおかしさを指摘した教授のインターネット動
 画が配信停止となっているのか?・・配信停止とされたのか?
  そのおかしさ・欺瞞を想像させる教授の話をインターネット動画は配信停
 止にしたのか?
  この動画さえ、世界に見てもらわねばならないのではないか?
  本当にその様な欺瞞があるのかと世界に顕彰されなければならないのでは
 ないか?
  また、別の某氏の述懐・・
  新しい免疫システムを作った国はその免疫システムの素晴らしさを試した
 かった。
  また、その様に免疫システムを試すことにより世界からその免疫システム
 を求められ考えられない利益が転がり込むことも容易に想像できた。
  新しい肺炎菌でその端緒もできた。
  しかし、その新しい肺炎菌の流行も、また、新しいシステムの免疫システ
 ムも同じ国からスタートするのは誠におかしくなる。
  その端緒となる肺炎菌は別の国に移された。
  そして、こともあろうがその端緒となる肺炎菌は漏れたとして世界に流行
 し始める。
  その国のトップはその流行を抑えることさえもしなかった。
  所期の目的とおり新しい免疫システムのワクチンは、当然、飛ぶ様に世界
 に売れた。
  また、別の某氏の述懐・・
  弱毒化したオミクロン株に人類は患かり人類はまた逞(たくま)しくなる。
  弱毒化したオミクロン株は、弱毒化させたワクチンの様に人類を強くして
 いる。
  抵抗力のある若者たちよ、オミクロン株にどんどん患かってくれ、人類に
 抗体を持たせてくれ。
  経済的圧力にもなる経営制限はしないでくれ。
  若者たちを楽しませてくれ・・若者たちに集う様に奨励金をやってくれ。
  そして、コロナを克服した社会を作ってくれ。
.
2019年12月、中国で、コロナウイルス干渉のグラフで2019年12月に武漢でS型
 のピークを示し、感染者の急増を示している・・
  中国が無いと言いたいことはこの図からも否定される・・
  そして、2020年1月に、K型の患者発生のピークが来る・・
.
2019年12月9日、中国・武漢で、すでに、肺炎の死者が出ている・・中国の習近
 平はこれを隠した・・
  そして、世界に大流行し、パンデミック(広範囲な大流行病)になった。
  そして、今・・「怖い」「怖い」と庶民は脅されている・・特に、テレビ
 のワイドショーが、コロナウイルスを「怖い! 怖い!」と必要以上に脅し
 過ぎている。
  怖そうな、そして、病気とは関係のない音楽や映像を交えて煽っている・・
  また、科学的に検証もしないで、裏付けも言わないで「第○波が来た」な
 どと煽っている・・
  感染者数が増えたのも、過去最多だと煽っているのも「PCR検査数が激
 増しているから」なのに、この事を報道しない・・検査数が増えれば感染者
 数も増えるのは当たり前だ・・
  一時の陽性率31.7パーセントが6パーセントぐらいとかなり低いのも報
 道しない・・
  東京都知事がテレビで「第○波だ、第○波だ」と脅している・・累計の感
 染者数のみを強調して、増加する様子を強い印象的にして与え続けている・・
 累計して行けば上昇カーブになるのは当たり前・・現時点の現在の感染者数
 を公表すべきなのに、この数字を公表しない・・
.
2020年11月2021年1月、この時に行われたアメリカ合衆国の大統領選挙の不正事
 件は卑劣だった。
  まったく歴史を甘くみている。歴史の偽造が行われた。これがデモクラシ
 ーの伝統あるアメリカで行われたという挫折感がある。
  これは世界をも愚弄(ぐろう)している。
  民主主義を世界に誇るアメリカという文明国で起きた。
  まったく信じ難い暗黒があり、正義の世間を嘲笑う(あざわらう)者が存在
 する。
  これが世界へ波及し悪影響を与える。
  ロシアのプーチンは屁理屈をこね回し、さも正しそうな自説を振りかざし
 て世界を騙しウクライナへ武力侵攻した。
  ウクライナという他国を奪いに出た。
  また、同じことをしようとしているのが中国の習近平である。
  75年前に日本を騙して戦争に駆り立てさせたアメリカのルーズベルト大統
 領の騙し。
  世界はこの様な偽善や不誠実な行為を見ていて、真似する者が出て来るの
 である。
  若者たちよ、この様な巨大な不正に畏れることなく、また、恐れることな
 く立ち向かえ。
  この力だけがこの様な歴史と世界を愚弄する者たちへの唯一の矛(ほこ)な
 のだ。
.
2020年12月1日、「米中経済安全保障調査委員会」の中国情勢を公表
  アメリカ議会の超党派の諮問機関である「米中経済安全保障調査委員会」
 が最新の中国情勢をめぐる分析と提言をまとめ、公表した。
  報告書は、「中国は国際的な統治システムを、普遍的価値観や個人的権利
 と相いれない自国の原則に合致するよう改変、破壊している」と批判した。
  また、中国が経済力をテコに国連や他の国際機関で影響力を拡大させてい
 ると訴えた。
  中華思想に基づき世界秩序を変えていこうとする策動は習近平体制から始
 まったものではなく、今後も続いていくと指摘した。
  そして、「米国益や国際機関、世界の自由民主体制に対する長期的な課題
 となる」と明らかにした。
  中国が、半導体、人工知能(AI)、クリーンエネルギーといった先端分野で
 の世界的覇権を目指し、外国企業に技術移転の強要やサイバー攻撃による関
 連技術の窃取などを繰り返していると批判した。
  また、中国による台湾周辺での軍事行動の活発化や、2020年6月の香港国家
 安全維持法(国安法)の制定は「中国の指導部が既存の約束事を破って、自国
 の評価が下がることなどを気にせずに政治的な目的を追求する決意を固めて
 いることが実証された」と指摘した。
  また、アメリカが台湾と経済を中心に関係を緊密化させ、中国に対抗する
 必要があると提言した。
  報告は、2020年の今年に入って台湾への軍事的圧力を一層強化させている
 ことに関し「アメリカが長年の台湾政策を変えることの是非や、中国の台湾
 統一がアメリカの安全保障上の利益に及ぼす影響について早急に議論する必
 要があることを浮き彫りにした」と指摘した。
  また、中国軍の艦船や航空機による台湾周辺での行動の活発化により、偶
 発的事故や誤判断を原因とする危機が発生する恐れが高まると警告した」。
  台湾支援策の一環としては、アメリカの対台湾窓口機関「米国在台協会」
 (AIT)の台北事務所長(大使に相当)について、一般の大使職と同様に大統領が
 指名し、上院が承認するよう求めた。
  香港での国安法の制定に関しては、政治的迫害を恐れて香港からの脱出を
 求める住民らに米国ビザ(査証)を発給するために各種制限を撤廃するようア
 メリカ政権に求めた。
.
2020年12月、ハーバード大学のラムザイヤー教授が、「太平洋戦争における性
 サービスの契約」という論文を発表した。
  この研究は、実証主義的に行われ、いわゆる「慰安婦の強制連行・性奴隷
 説」を否定した。
  そして、慰安婦と慰安所(遊郭)の経営者との間に双方の要求を満たす契約
 がなされていた。
  「強制」ではなく「契約」だったと論じた。
  そして、教授は指摘する、「全世界の共通の現象として、軍隊の行くとこ
 ろに売春婦(業者)が集まる・・それ故に、供給は豊富だった」「日本軍とて
 売春婦を調達する必要はなかった」と論じた。
  ただ、これも全世界の軍隊に共通する問題であるのだが、性病の問題であ
 る。
  兵士が性病に罹患し、戦力が大幅にダウンしてしまうという問題である。
  当然、戦力に関わる重要なこの問題、日本軍は、日本国内の公娼制度を適
 用し、衛生問題など管理に関わった。
  この関わりを日本軍は強制連行をしてないのに、強制連行に関わっている
 とまで言われてプロパガンダされた。
  ハーバード大学のこの教授の論文は、それを否定し、契約によるものと立
 証した。
  しかし、この様な実証された正しい真実の論文も、韓国は、組織的に長い
 期間を使って事実を変える印象を世界に与える活動をして来た。
  数多くの反対論文を捏造し、世界に拡散させて来た。
  また、拡散しやすい様に英語化して、世界に拡散したりした。
  ハーバード大学のこの教授にも論文撤回の圧力がかけられた。
  ハーバード大学の韓国からの寄付金の減額の脅(おど)しもなされた。
  韓国メディアも、教授への謝罪圧力や、論文撤回の圧力を煽(あお)った。
  韓国の正義連(旧:挺対協)は、ハーバード大学教授のこの論文の学術誌への
 掲載を妨害をしたり、全世界の研究者へ反対イデオロギーの宣伝活動をした
 りしている。
  しかし、韓国国内では、正義の声を上げ続ける李栄薫教授をはじめ、学者、
 弁護士、ジャーナリストなど15名の方々が、ハーバード大学のラムザイヤ
 ー教授の正義の論文を支持する声明を発表した。
  この様な行動をすると裁判を起こされたり、職を剥奪されたりする圧力・
 弾圧・差別が激しい韓国の国内でも、この様な正義を主張する方々が居る。
  国連やアメリカ議会は、英語論文の多い反対論文や文献ばかりが取り上げ
 られ、双方の論文を公平に取り上げて判断するということがなされていない。
  圧倒的に数の多い激しい活動をしている韓国の主張ばかりを、真実だと誤
 解をしてしまう状況となっている。
  (参考)挺対協:ていたいきょう、1990年、梨花女子大学教授の尹貞玉が
     主導し、 韓国教会女性連合会、韓国女性団体連合会等16団体が参加
     して、旧日本軍の慰安婦制度を非難する韓国挺身隊問題対策協議会
     (挺対協)を結成(代表は尹貞玉)。
      正義連は、金銭稼ぎや自陣営の政治活動に慰安婦たちを利用して
     おり組織の言うことを聞かない慰安婦を排除している。
  日本を貶(おとし)めていた韓国、日本の無実を証明した論文の発表・・
  「慰安婦の強制連行は存在しない」とハーバード大学のラムザイヤー教授
 の証明・・
  中国や韓国には、虚偽の告訴状を書く職業まであったという、その様な中
 国や韓国には、虚偽の告発をして相手を貶(おとし)める「誣告(ぶこく)」と
 いう伝統がある。
  ラムザイヤー教授は、慰安婦は強制ではなく本人も納得しての契約によっ
 て慰安婦になっていることを証明した。
.
2021年4月、昨年4月には、米国務省にWIV(武漢ウイルス研究所)の安全性
 と管理体制にぜい弱性があり、支援が必要だと求める公電が送られていたこ
 とが明らかになった。
.
2021年8月、アメリカ下院外交委員会で新型コロナの調査報告書が報告された。
  マイケル・マッコール筆頭理事が「『圧倒的多数の証拠』によって、ウイ
 ルスが2019年9月12日以前に、武漢研究所から流出したことを証明している」
 と述べた。
  2019年8月下旬~9月下旬、一人以上の研究者が、雲南省の洞窟で収集され
 たか、武漢ウイルス研究所の機能獲得実験でつくられたSARS-CoV-
 2に誤って感染した・・その後、武漢中心部を地下鉄で移動し、ウイルスを
 拡散した。
  2019年9月12日、午前2時から午前3時の間、WIV(武漢ウイルス研究所)
 のウイルスデーターベースはオフラインとなり外部と遮断された(隠蔽をは
 かっていたとCIAもつかんでいる)
  2019年9月から10月、WIV(武漢ウイルス研究所)本部周辺の病院付近の
 車の通行量や、COVIDー19関連の症状に関するネット検索が顕著に増
 加した。
  2019年10月下旬~11月上旬、武漢で世界軍人運動会(ミリタリー・ワール
 ド・ゲームズ)が開催された・・アメリカ軍からも400人参加し、各国のアス
 リートが帰国し、世界中にSARS-CoV-2が拡散された。
.
2021年8月11日、公明党議員が家宅捜索された
  何だかんだと金にからむ話が多い公明党だが、またという感じ・・
  これに関係する小泉元首相・・
  東京オリンピックが開催中であるのに公明党議員の議員会館事務所が家宅
 捜索をされた・・国会議員の事務所が、地検特捜部に「ガサ入れ」されるの
 はよくよくのこと・・
  太陽光発電の闇と小泉純一郎氏のからみ・・テクノシステムという太陽光
 発電関連の会社社長らが起訴された融資詐欺事件に絡んで公明党の議員秘書
 が、無登録で政府系金融機関の融資を仲介していた・・この行為は貸金業法
 違反になる容疑・・
  そして、このテクノシステムの社長は、よく政治家との交遊を自慢すると
 ころがあり、商売にも利用するという輩・・そして、この関係で小泉純一郎
 元首相が広告塔にもなっている・・
  (注)CSIS:米国戦略国際問題研究所、米国ワシントンD.C.のシン
    クタンク「戦略国際問題研究所」の創設メンバーの中にはアメリカ中
    央情報局(CIA)の高官も名を連ね、CIAの別動組織と言われて
    いる・・この研究所は公明党排除、経済産業省に居る中共派の排除、
    二階議員排除を明らかにしている。
.
2022年、あれほどウイグルの女性が中国の収容所の管理者に強姦されていると
 訴えているのに、毎晩、女性たちの嘆きの声や叫び声が聞こえると訴えてい
 るのに、
  また、ウイグルの方々が強制的な収監だ、殺されている人も居るとウイグ
 ルの人々が訴えているのに、公明党の代表は証拠がないと中国にゴマをする
 中国の利する発言をした。
  また、世界が中国の批難決議をしているのに、日本の国会決議の案も足を
 引っ張って決議ができないことを公明党はした。
  公明党は、他党に『えりを正せ』と言っているが公明党こそえりを正せ!!
.
2022年、今、ロシアがウクライナという国を盗ろうとしている。
  ウクライナとの国境沿いにロシアは20ヶ所に10万人のロシア軍を集結
 させて、ウクライナに武力侵攻をしようとしている。
  プーチンというロシア大統領はこの様な武力を使う輩だから注意を要する。
  また、こすっからいやり方をする輩だから注意をしたい。
  アメリカは、その様なことをやったらドルの交換を止めるぞ、金融制裁を
 するぞと言って牽制している。
  今、この様な武力を使って国を盗る様なヒトラーがやった様なことをする
 輩が、この「プーチン」と「習近平」という輩・・
.
2022年1月7日、ロシアの主動部隊がカザフスタンへ介入した。
  日本経済新聞によると・・中央アジアのカザフスタンで燃料高を発端とす
 る抗議デモが広がり、ロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CS
 TO)」がカザフへの部隊派遣を決めた。
  カザフは、旧ソ連圏で隣国ロシアとの良好な関係を維持する。
  ロシアは、カザフへの関与を強めて同国をつなぎ留め、自国に混乱が波及
 するのを防ぐ考え・・
  カザフ政府は自国軍も投入してデモの鎮圧にあたった・・以下略、
  これに関して記述すると・・ロシアは、「ずるがしこくて汚い」という面
 がある・・自分(ロシア)の国から離れて行った国を取り戻そうと躍起とな
 っている面がある・・それに武力を使う・・本当は筋の通らないという汚い
 手を使う・・
  中央アジアの国の旧ソ連(現:ロシア)構成国のカザフスタンの場合も汚い手
 が使われた・・表向きは治安のためだと称された・・
  治安維持の表向きの目的でロシア軍をこの国へ入れた、そして、カザフス
 タンの国民の方々の160人を殺した・・この様なことが許されて良いのか
 と感じる・・
  先日、日本の武蔵野市が、おかしな条例を作ろうとしたが、この様に日本
 のおかしな市が、市の単位で、市民のデモが起きた時、簡単に外国軍が治安
 維持の表向きの美しい名目で軍が入って来る・・市の要請があったからなど
 という事が起きたら・・「どうなるのだ」・・今の武蔵野市のトップの状況
 ならこの様な事も起きかねない・・こんなことは絶対に起こり得ないなんて
 思って居たら・・寝耳に水となるかも・・
  それを、ロシアは、旧ソ連構成国だというだけでロシアは実施した・・そ
 して、その国の国民の方々を160人も殺した。
  このカザフスタンの場合、今までの強権政治に不満を持っていた国民の方々
 が、この度の燃料価格の急騰に端を発して、大規模な反政権デモを発生させ
 た・・
  政権側は、自国民であるのに、その自国民に対して徹底的な弾圧を行った・・
 治安部隊に発砲さえ認めた・・それ故、悲惨なことに死者も多くなった・・
  そして、そこに、屁理屈が登場する・・ロシアは、「軍事同盟があるから
 だ」と言った・・軍事同盟の行為だとしてカザフスタンへロシア軍を侵入さ
 せた。
  ロシアは、軍事同盟の集団安全保障条約機構(CSTO)の『平和維持部隊
 だ』とその名目を説明した。
  ロシアのプーチン大統領は、この様な強権を、この様な屁理屈で実施し、
 影響力を拡大しようとする・・この様な屁理屈行為ばかりしているから質(た
 ち)が悪い。
  本来なら、カザフスタンの国民の方々のみで解決をはかるのが正しいやり
 方なのだ。
  このプーチンは、自国のロシアでも、屁理屈一杯で強権政治を行っている。
  このプーチンのやり方の違法性は、「外国から攻められたら適用されると
 いうこのCSTOは、『自国民の問題の場合は適用できない』ということに
 屁理屈をつけて適用しているところが『おかしいのだ』」。
  この様な大間違いを平気でしているプーチンはおかしいのだ。
  それとも、そんなことは承知の上で、汚いプーチンは、また、今回もこん
 なことをしたのだろう・・
  プーチンは、他国のカザフスタンのデモのカザフスタン国民の方々を「テ
 ロリストだ」と言った。
  外国で訓練を受けて侵入したテロリストだと言って、CSTOが、だから
 適用できるのだと、あり得ない話をでっち上げている。
  この様なことは中国もやるから注意したい。
  ロシアよ、その様なことを言うならその証拠を示せ!
  この様な怪しいことをプーチンは数多くやっている・・2014年のウクライ
 ナ、2018年のアルメニア、2020年のベラルーシなどの旧ソ連圏で民主化を求
 める大規模デモが相次いでいる。
.
2022年1月13日、ロシアは、ウクライナへ侵攻しようとしている・・
  ロシアは、ウクライナが過去の旧ソ連(現:ロシア)の構成国だったことを意
 識している。
  そして、ロシアは、ウクライナなどの旧ソ連構成国のNATO加盟の排除
 を要求している。
  NATOは、このロシアの要求には応じない見通しとなっている。
  ロシアのウクライナ侵攻の裏には、この様なロシアの要求がある・・それ
 が正義だとロシアは勘違いしている。
  住民の意思で決められたことだ・・正義の住民決定をウクライナの方々は
 したのだ・・プーチンの好き嫌いではない・・
  アメリカは、ロシアが侵攻すれば「代償を払わせる」と何度も言い、この
 度も改めて警告した。
  そして、ロシアは、NATOがウクライナなど東方に拡大しない様に求め
 ている。
  そして、アメリカやNATOに条約や協定を締結する様に求めている。
  この様な状態を新聞で読み呆(あき)れてしまう。
  自分(ロシア)が今まで散々やって来たことである・・今の状態は、その逆
 の状態に陥(おちい)っているのである・・
   ロシアは、自分の武力を使って、散々、他国を奪って来たではないか・・
  ソ連やロシアは、散々、武力を使って東方拡大して、他国へ侵攻し、奪っ
 て来た歴史ではないか・・
  戦争が終わっているのに、日本の領土の「南樺太や千島列島や北方領土(北
 方四島)」を日本からも奪っているではないか。
  ロシアは、それらの日本の領土を返還しなさい!
  ロシアは、自分の国の要求をするのだったら日本から奪った領土の返還を
 してから言いなさい・・
.
2022年、中国は一つである・・
  共産党・中国は第二次世界大戦の戦勝国ではない・・勝利国ではない。
  共産党・中国は、日本との戦いに対して逃げていた・・中国の奥地に逃げ
 ていた・・隠れて戦わず、中国奥地に隠れていた。
  こんな国が戦勝国と呼ばれる訳が無い・・
  中国・共産党は、日本との戦いを避けていたので、当然、勝利国ではない。
  この卑怯な中国共産党は、日本、および、日本と戦う中国・国民党の双方
 が戦いで疲弊するのを見ていたという名目で隠れていた・・戦えるような兵
 力を持っていなかったのである・・それで、中国奥地でアヘンを作って金集
 めをしていた・・アヘン密売者である・・
  中国は一つである。
  現時点の国連体制の勝利国でつくる連合の中には中国として加わる国は・・
 当然、日本と戦いをして勝利国の側にいた中国の一国の中国の国である。
  民主的な国・・選挙など国として当然やるべきことをしている国・・その
 国が中国の戦勝国としての国連の中国の代表である・・そして、中国は一つ
 である。
  公明党よ! この事を公正な選挙をしない共産・中国へ伝えよ・・
.
2022年、中国よ!! 公明党よ!! 中国共産党がOKと許可した立候補者だけで
 選挙したからって、選挙したと言えるのか。
  公明党よ!! 中国にゴマばかりすらないで、この様なおかしいことを一回
 でも中国へ忠告を言いなさい。
.
2022年、中国に「公司(こんす)」という会社(私企業)があるというのは見せ
 かけだ。
  中国特有の嘘の形だ・・嘘だらけの中国社会・・
  自由経済社会の我々の社会の私企業の様な会社だと思ったら大間違い。
  見せかけの中国組織、自由主義経済社会の私企業の様だが、その表示があ
 るが、中国の共産党が繰る組織だ。
  指揮系統は完全に中国共産党となっている。
  中国共産党の前で演技する表紙(おもてがみ)だけの経営陣たち・・
  (参考)公司:こんす、言葉事典には以下のように美しく説明されている・・
      中国において「会社」を意味する語・・独立した財産をもち、法
     に従った経営の自主と独立採算の責任を負う法人格をもつ企業組織。
      公司法で定める公司(会社)は、股份(こひん)有限公司(株式会
     社)と有限責任公司(有限会社)である。
.
2022年、蝦夷と漢字で書いてあるからと言って「えみし」とも読めるし、「え
 ぞ」とも読める。
  だからと言って「えみし」も「えぞ」も同じではない。
  わざわざ「蝦夷(えみし)」と読ませ、また、「蝦夷(えぞ)」と読ませるの
 はその違いがあるからだ。
  「蝦夷(えみし)」と「蝦夷(えぞ)」は違う。
  同じものを二種類の読み方にする訳はない。
  だがしかし、この様にはっきりしているのに、えぞ(蝦夷)はアイヌだと
 いうことから、えみし(蝦夷)を読み間違えてアイヌが昔から居たとして日
 本の先住民だと勘違いして間違えている輩が居る。
  そして、今、アイヌを先住民だとする法律が日本に存在する・・間違い法
 律が存在する・・当然、正しい法律に改正しなければならない・・
.
2022年1月26日、中国と国境を接するブータンという国に、中国は200以上の建
 造物を無断で作った。
  中国が、その様なことをしている、作っているということが判明したと新
 聞は報じられている。
  この様に、中国は、じわりじわりと領土を拡張して行く。
  アメリカの衛星がこのことを明らかにした。
  中国は、この様に国際法を無視し、強引に国境状態を無視する。
  完全に日本の領土の尖閣諸島・・この日本の尖閣諸島も、以前は、中国の
 作った地図にも日本領と書かれていたり、また、尖閣諸島の日本人が尖閣諸
 島付近で難破した中国船を救助してあげた時、中国政府が、御礼状を日本に
 出して礼を言ったが、その礼状の中に書かれていた中国政府が書いた文にも
 「日本領の尖閣諸島の人々に助けられて、御礼申し上げます」と書いてある。
  中国は、日本領だとはっきり認識している尖閣諸島を、国連が尖閣諸島の
 海に石油があると発表すると、中国は尖閣諸島は中国のものだと言い出した。
  この様に中国はあちこちで他国の領土を奪おうとしている。
  南シナ海も、「九段線などという根拠のない主張」を急に言い出して奪っ
 てしまった。
  このブータンの領土を奪う行為も、建造物を作って居座るというやり方だ・・
 南シナ海と同じやり方だ。
  南シナ海も、「戦略基地にはしない」「戦略基地は作らない」と言ってい
 た中国だったが、今では戦略基地を作り、要塞化している。
  このブータンの領土にも、『中国村』を作る作戦の様だ。
  中国は、ブータンの領土のことを「自国の領土で、正常な建設活動を行う
 ことは、中国の主権の範囲内である」とまで言い出した。
  また、さらに、2020年6月、中国は、今まで問題となっていなかったブータ
 ンの東部地域のサクテン野生生物保護区についても「ブータンの領土だ」と
 認めない発言を言い出した。
  中国は、この様にあちこちでじわりじわりと領土を拡張する行為をしてい
 る。
  2021年1月には、インド領のインド北東部アルナチャルプラデシュ州で約
 100棟の建物を建てた・・そして、中国政府は、蔵南(南チベットの意味)
 地区だと呼んで、中国領だと言い出した。
  また、インドと中国の国境にある湖に橋を架けるということもしている。
  橋の一端がインド領だということを無視している。
  2021年9月、チベット自治区とインド北部ラダック地方にまたがるパンゴン
 湖の北岸と、南岸を結ぶ300メートル以上の橋を中国は無断で作った。
  この地域でインドと中国は国境紛争で対峙した・・そして、2021年2月、撤
 退しようと合意した。
  中国は、この隙(すき)を突いた。
  中国は、兵士を撤収させつつ橋の建設を一気に進めてしまった。
  そして、道路の工事もやってしまった。
  インドは、「約60年間にわたって中国が不法占拠してきた地域にある」と
 批判した。
  インドのモディ首相は、国内で、「弱腰の対応だ」と批判されている。
  この地域に、インドは、伝統的に影響力を持ってきていたが、中国は、そ
 のインドの立場を奪いたいとし、奪おうとしている。
  中国は、かつてのドイツのヒトラーの様に世界の国々を奪い「世界覇権」
 を構築しようとしている。
  中国という国は、昔から他国の領土を奪い続けて来た。
  武力を使って奪うことだけでなく、偽計・悪だくみなどあらゆることをし
 て他人の国を奪ってきた。
  洗国(せんこく)などという卑劣な手も使った。
  奪った国の男たちだけを殺したり、男だけを他の場所に移したりして、女
 だけにした・・そして、その奪った国に、自国の漢民族の男たちを入れた。
  つまり、奪った国の子孫に、その奪った国の子供たちが生まれない様にし
 た。
  今、ウイグルが、この様なことがされている。
  ウイグルの人々を捕まえて、収容所に入れ、女性に強制的に避妊手術をし
 ている。
.
2022年2月1日、海保の警護で中国船寄せ付けず 石垣市の尖閣調査
  沖縄県石垣市が1月31日に同市の尖閣諸島で実施した海洋調査について、
 市が関係機関と連携し、中国から不当な妨害を受けないよう周到に準備して
 いたことが1日、関係者への取材で分かった。
  中国公船2隻が領海侵入したが、海上保安庁の巡視船8隻が調査船を警護
 し、中国公船を寄せ付けなかった。
  中山義隆市長は1日に会見し、巡視船の活動により「安全に調査ができた」
 と話した。
  今回の調査は、海洋資源の利活用のため市が策定した「海洋基本計画」に
 基づき実施された。
  関係者によると、市は昨年夏、東海大に調査事業を委託し、同大の山田吉
 彦教授(海洋政策)の研究チームと準備を進めた。
  尖閣周辺では平成24年以降、中国公船が頻繁に出没しているため、政府
 は漁船以外が活動することを原則認めていないが、今回は特例とし、上陸し
 ないことを条件に容認したとみられる。
  一方、事前に計画がもれると中国側が妨害する恐れがあることから、市は
 徹底して秘匿に努めた。
  調査船が石垣港を出港したのは1月30日午後5時。
  その直前まで中山市長は通常の公務を行い、午後3時から新型コロナウイ
 ルスに関する記者会見を行った後、調査船に乗り込んだ。
  31日も市が公表する市長日程は「日常公務」とされ、尖閣視察について
 は一切明かされなかった。
  このため中国側は全く気付いていなかったとみられる。
  尖閣周辺に出没する中国公船は通常4隻だが、31日は2隻だけだった。
  この2隻が同日早朝、尖閣周辺の接続水域で調査船に気付いて接近。
  しかし、海保の巡視船5隻が調査船の前後左右を守るように航行し、中国
 公船の動きを阻止した。
  午前6時25分、中国公船は調査船と並走する形で領海内に侵入したが、
 海保の別の巡視船3隻が待ち構えており、計8隻が調査船の活動中、中国公
 船を寄せ付けなかった。
  中国公船は、当然、午前10時20分に領海外に出た。
  調査船も活動を終え、午後5時に石垣港に帰港した。(参考:産経新聞)
.
2022年2月2日、公明党がやらかした「骨抜き人権決議で終わらせるな」
  中国の新彊ウイグル、チベット、南モンゴルや香港での人権問題に関する
 決議が 1 日、衆院本会議で採択された。
  国会はこの決議採択で終わることなく、日本在住のウイグル人らから被害
 の実態を聴取し、人権報告書として公表すべきだ。
  もともとこの決議は中国による人権弾圧への非難と、被害者救済の法整備
 へ向けた衆院としての決意を表明するはずだった。
  ところが、肝心の「中国」の国名が入っていないだけでなく、与党内の公
 明党と自民党との調整で「非難」「人権侵害」という表現も削除され、骨抜
 きの内容になった。
  前回は、公明党の反対で決議さえできなかった。
  公明党の山口代表は「証拠がない」とまで言って中国を擁護した・・
  これで国際社会に向けて顔向けできるだろうか。
  国会議員には猛省を促したい。
  日本在住のウイグル人らから直接話を聞けば、いかに決議の内容が不十分
 であるか国会議員も分かるであろう。
  ウイグル人らはこれだけSNS(インターネット交流サイト)が発達した
 時代にあっても、故郷の家族と連絡を取れない。
  家族や親族がどのような理由か分からないまま収容所、刑務所に入れられ
 ている。
  あるいは連絡が取れたとしても、公安当局の管理下に置かれており、日本
 の情報を提供するよう求められるケースもある。
  ウイグル人の中には日本に帰化した人も少なくない。
  中国の人権弾圧は決して他人事ではないのである。
  この決議採択をめぐってもそうだったが、政府・与党内からは中国の人権
 問題を取り上げようとすると、決まって「中国が反発して、国際社会で慰安
 婦問題などを提起してくるかもしれない」という慎重論が出てくる。
  中国の裁判所が慰安婦や戦時労働者をめぐる訴訟を積極的に受理し、日本
 企業に賠償を命じる判決が相次ぐのではないかというのである。
  似たようなことは「佐渡島の金山」(新潟県)を国連教育科学文化機関(
 ユネスコ)の世界文化遺産として推薦する問題でも起きた。
  この場合は韓国が反発しているが、時に中国と韓国は連携して日本に対し
 て歴史戦を挑んでくる。
  人権問題や歴史認識論争から逃げてはいけない。
  正面から反論し、国際社会に真実を伝える努力をするしかないのである。
  岸田文雄首相は、バイデン米大統領との1月21日のテレビ会談で、香港や新
 疆ウイグル自治区での人権状況について「深刻な懸念を共有」した。
  これに先立って行われた同月7 日の外務・防衛担当閣僚による日米安全保
 障協議委員会(2+2)の共同発表でも、「自由、 民主主義、人権、法の支
 配、多国間主義及び自由で公正な経済秩序の尊重へのコミットメントを共有
 する全ての主体と協力することにコミットした」と明記した。
  首脳間で約束した以上、我が国は米国と連携して中国の人権問題などに取
 り組む責務がある。
  (以下を参考にした:メルマガ「週刊正論」令和4年2月2日号、シンクタン
 ク国家基本問題研究所の「今週の直言」に掲載された月刊「正論」発行人有
 元隆志の論考)
.
2022年2月4日、欧州連合(EU)の欧州委員会が、地球温暖化対策に貢献する投資
 先として、原子力発電と天然ガスを認定するEU法案を発表した。
  脱炭素実現の手段として原子力自体が位置付けられた。
  これから国際世論や各国のエネルギー政策にも大きく影響すると見られて
 いる。
  当然、高レベル放射性廃棄物の管理の徹底をしなければならない。
  日本政府は、2022年1月、アメリカ企業などが開発する次世代高速炉や小型
 モジュール炉(SMR)の国際連携による実証に取り組むことをきめた。
  今後、原子力分野で日米の連携を強化して行く方針。
.
2022年2月4日、「五輪見ない」 バブルで遮断、北京市民そっけなく
  【北京=三塚聖平】北京冬季五輪では新型コロナウイルス対策のため、大
 会関係者と外部の接触を遮断する外部との接触を遮断する「バブル方式」が
 徹底されているため、「バブルの外側」にいる北京市民は選手らと直接触れ
 合う機会が全くない。
  中国当局は五輪ムードを高めようと躍起だが、冬季スポーツが一般的でな
 いこともあり盛り上がりはいまひとつだ。
  中央テレビなど国営メディアは連日、北京五輪の話題を報じているが、関
 心を持つ一般市民はあまり多くはない。
  北京で海産物販売店を営む馮さん(46)は「五輪なんて誰が見るんだ」
 とそっけない。
  コロナ禍で稼ぎは以前の3分の1程度に落ち込み、さらに北京五輪を控え
 て感染対策が強化されたことが泣き面に蜂となった。
  北京では、市内に入る全ての人を対象に48時間以内に受けたPCR検査
 の陰性証明の提示を義務付けられるなど一般市民の負担は増している。
  「五輪が終わって全てが正常な状態に戻ることを願うばかりだ」と馮さん
 は話す。
  山東省出身で北京の広告会社に勤める卓球愛好者の劉さん(45)は「中
 国南部出身者は雪に触れたことがない」と冬季スポーツへの一般的ななじみ
 の薄さを指摘する。
  また、中国経済は厳格なコロナ対策や民間企業の締め付け強化で減速傾向
 にあり、劉さんは「多くの若者が失業危機に直面しており、冬のスポーツや
 五輪に金を使おうとは思わない」と強調した。
  一方、北京五輪では観戦チケットを一般販売せず、関係者や招待客など限
 られた観客のみとなる。
  開会式に招待された日系企業幹部によると、終了後も含め計4回のPCR
 検査を受けるなど厳しい感染対策が求められているという。
  中国の国有企業などが招待されているが、「感染を恐れて断る人も相次い
 でいる」(企業関係者)という。(産経新聞)
.
2022年2月15日、北京五輪と薬物 真に守られるべきは誰か
  北京冬季五輪は将来に大きな禍根を残した。
  ドーピングはスポーツ界が最も憎むべき敵である。
  公平、公正を前提とするスポーツの価値ばかりか、当該選手の心身の健康
 を破壊する。
  禁止薬物が検出されたフィギュアスケートの女子スター選手、ロシア・オ
 リンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワについてスポーツ仲裁裁判
 所(CAS)が五輪出場の継続を認めた。
  15歳のワリエワは世界反ドーピング機関(WADA)が規定した16歳
 未満の「要保護者」に当たることなどが考慮されたのだという。
  耳を疑う決定だ。若年層の選手を何から保護すべきなのか。
  その第一が薬物汚染からであろう。
  組織の関与を問わず、年齢を理由に出場を認めた裁定は後続の若い才能を
 も誤った勝利第一主義にさらす結果を呼ぶ。
  そして真に守られるべきは薬物とは無縁な、世界のクリーンな選手のはず
 である。
  昨年12月の国内大会の検査から検出された「トリメタジジン」はWAD
 Aの禁止薬物に指定されており、過去には中国の競泳選手、孫楊やロシアの
 ボブスレー選手も処分対象となったことがある。
  ロシア側のスタッフが「知らなかった」ことはあり得ない。
  そもそもロシアは2014年ソチ五輪などでの組織的ドーピング違反によ
 る処分中であり、北京五輪には潔白を証明できた選手だけが個人資格で参加
 している。
  ワリエワはこの点からも参加資格を失うはずであり、大掛かりな隠蔽(い
 んぺい)工作が認定されたロシア反ドーピング機関(RUSADA)が競技
 続行を後押ししている構図はなんという壮大な茶番か。(産経新聞)
.
2022年2月21日、イギリスのジョンソン首相は、新型コロナウイルス対策のすべ
 ての法的規制を止め、撤廃した。
  規制を全廃し、「ウイルスとの共生」路線を追求するとした。
  ヨーロッパでは、既に、デンマークが、2022年2月1日に、新型コロナ対策
 での国内規制をすべて撤廃している。
  イギリスは、これに続く撤廃。
  イギリスのジョンソン首相は、変異株オミクロン株の感染がピークに達し、
 死者数も増加していないからとして決断した。
  ジョンソン首相は、「この2年間の努力のおかげで、我々は政府の制限か
 ら自己責任へと移行し、これまでと異なる方法でウイルスに対処できる」と
 指摘した。
.
2022年2月21日、ウクライナを偽装した軍隊で、武力で奪い取ったロシアのプー
 チンは、「ロシアは被害者だ」とその行為と逆のことを言った。
  「アメリカとヨーロッパとウクライナが、ロシアがこの様なことをしなけ
 ればならない情態に追い込んだ」と責任をアメリカなどの他国に、プーチン
 は、なすり付けた。
  プーチンは、さらに、「ロシアは、旧ソ連崩壊後もウクライナに貿易など
 で多大な支援を与えて来た」と誇張した嘘を言い、「ウクライナは、その様
 な恩を忘れている」と言った。
  さらに、「(その様に恩を与えたのに)それなのに、ウクライナは、2014
 年、親露派政権をクーデターで崩壊させた。
  アメリカは、そのクーデターを支援した」・・と言った。
  ソ連だってロシアをクーデターで崩壊させ、ロシア皇帝などを虐殺してい
 るではないか・・
  また、ウクライナとの貿易で美味しい汁を吸ったロシアなのに・・ロシア
 はウクライナを支援したは言い過ぎ・・プーチンよ、その貿易でロシアも潤
 ったではないか・・
  また、プーチンは、この様な中で自身の私腹を肥やし、黒海沿岸の超特級
 の別荘地に、個人の資格なのに、モナコ公国をしのぐ超広大な別荘地を所有
 し、超贅沢な生活をしているではないか。
  どうしてこんな生活をすることができる様になったのかを説明しなさい。
 汚いことばかりして私腹を肥やしたではないか。
.
2022年2月21日、ロシアがウクライナを奪った・・それもやり方が汚い。
  プーチンの性格が出ている巧妙な汚なさが出ている。
  ウクライナ東部の住民が助けを求めているとした。
  そして、独立を求めているとした。
  ロシア人の移民などが作る親露派武装勢力「ドネツク人民共和国」と「ル
 ガンスク人民共和国」(ともに自称)を、プーチンは一方的に国家だとして、
 国家承認した。
  日本の北海道で画策している中国も、この様なことをやりかねない状況に、
 今、ある。
  また、プーチンは、この両「共和国」との間の条約(協力条約)も締結した。
  そして、さらに、この両「共和国」から要請されたとして「ロシア軍を侵
 入させた」。
  このロシア軍を「平和維持部隊」だと称した。
  そして、プーチンは、ロシア国防省へ親露派の支配地域に進軍することを
 命令した。
  この様な一人芝居を、プーチンは行なって、軍事侵攻をウクライナにし、
 ウクライナの国を奪った。
  当然、第二次世界大戦の開戦のきっかけとなったソ連(現:ロシア)のボーラ
 ンド侵攻と同じ大悪行為をやった。
  プーチンの一人芝居の中で締結した条約には、「親露派の要請に基づいて
 ロシアは軍事基地を設置できる」としている。
  ロシアが作った条約に「他国で何でもできる」と書いている汚なさ・・
  表向きは条約に基づいている行動だとしているのも薄汚い。
  実態は、ロシアが、他国でロシアの好き勝手が出来るとしている。
  馬鹿みたいな話がプーチンによって演じられている。
  核兵器を持った独裁者プーチンは、一人で世界を脅しながら、好き勝手を
 やっている。
  国でも何でも盗りたいものは盗れるとして強盗行為を演じている。
  プーチンは、ウクライナがNATOに加盟したら怖いからこうしたのだと
 テレビで発言した。
  ロシアは、このウクライナの東部2州を奪っただけではなく、すべてのウ
 クライナを奪おうとしている。
  また、プーチンの一人芝居でその行為のでっち上げ理屈が演じられること
 になる・・国を盗り続けたヒトラーと同じだ。
     ・
     ・
2050年、この年までに日本はCO2排出の実質ゼロを目指すとした。
  29年後に達成できるかが危ぶまれている。
  この極端な目標は、経済を破壊する可能性が大きいと言われている。
  日本政府は、安価な化石燃料の使用を禁止するとしている。
  そして、CO2の回収貯留を義務付けるとしている。
  また、不安定な再生エネルギーがダメなら水素エネルギーで代替するとし
 ている。
  しかし、これを達成するには膨大なコストが掛かる。
  これをどうするのか?
  このコストを支出する企業や家庭の負担は膨大だ。
  企業の競争力を削ぎ、そして、家庭の経済破綻がある。
  今すでに、太陽光発電を強引に進めた日本政府、これによって、毎年、
 2.4兆円の負担が日本の各家庭ののしかかっている。
  政府は、「成長戦略だ」と国民に説明していたが疑問符がつけられている。
  これが新たに2050年までの目標達成のために、この50倍の負担を国民に強
 いることになる。
  これは達成可能なのか? 国民経済の破綻なのか?
  できない・・破綻だとの見方が強い。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
.
  https://hanachan28.exblog.jp/
または
  http://kitaguni29.sapolog.com/
または
  http://stff2010.blog29.fc2.com/
または
  https://32983602.at.webry.info/

#中国 #アメリカ #コロナ #感染 #世界 #オミクロン #ウイルス #独裁 #WHO
 #国連


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 幸せ家族
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 今日読んだ漫画
にほんブログ村 専門生日記ブログ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 女子専門学校生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 女子専門学校生

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学生 アルバイトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 専門生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 専門生日記ブログ 女子専門学校生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校2年生へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/qij5w54flhq0/
https://mypage.blogmura.com/posts
https://blogmura.muragon.com/entry/659.html
https://mypage.blogmura.com/ping

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント