近代の最先端科学は、『 キリスト教の間違い 』 を証明した。



http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qij5w54flhq0

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

題 : 近代の最先端科学は、『 キリスト教の間違い 』を証明した

☆地上に神は存在しないというキリスト教の教えは、
 近代思想の基礎を築いた。
 近代の思想家たちは、
ヒエラルキー・統治・闘争の必要性を唱えるキリスト教の教えを
 受け継ぎ、それを科学的に証明した。
  しかし、21世紀が近付くにしたがって、そうした思想には欠点が
 あるばかりか、科学的根拠も薄いことが分かってきている。
       (キリスト教暗黒の裏面史212頁 徳間文庫)
 (注)ヒエラルキー:ピラミッド型階層性・序列 

☆キリスト教のヒエラルキーは、
  神を頂点として、組織の構成要素すべてに優劣をつけて分類する
 という考え方である。
  しかし、近代哲学者の思想は、現実は、たわいもない偶然の出来事
 から成り立っているのであって、大きな意識によって意図的に
 生み出されたものではない、という考え方である。
 (当然、キリスト教の創造神の創造ではない)
  多くの者は、今ではこう考えるようになっていた。
  神の意志に目を向け、それを理解しようとしても、真理は見つ
 からない、と。
  機械的な宇宙の小さな要素を分析してこそ審理は見つかるのだ、と。
  宇宙が、神の干渉を受けずに動いていることが科学的に証明されて
 いる(同 214頁)

☆キリスト教は、自然界に神聖なものはないと考えている(神の居る
 天のみが神聖である、と)。
  キリスト教のイデオロギーから生まれ、近代思想家によって証明
 されたさまざまな思想は、20世紀末を迎えた今では、科学的根拠に
 欠けることが分かってきている。
  キリスト教の教義に関わった古典物理学には宇宙観を語れるほどの
 知識がなかったことが明らかになった。  (同 223頁)
  1例として、ニュートンは、十分な情報を与えられれば、出来事の
 結果を正確に予測できると思っていた。
  だが、量子力学によって、人間に分かるのは結果の「確率」に
 すぎないことが明らかになった。
  矛盾のない物理学を打ち立てようとしてきた科学者たちは、現実の
 すべての物事について論理的に説明するのは不可能だと、自らの発見に
 よって認めざるを得なくなった。
  波動関数の研究をしていた科学者たちは 物質界が「心的」でもあり、
 また「物的」でもあることを発見した。
  キリスト教の天地分離説を裏付けるものとして、古典科学者たちは
 精神と物質が分離していることを証明してきたが、それは科学的な真
 実ではなかった。        (同 224~5頁)
 (キリスト教の間違いを確認する結果となった)

☆『量子力学の理論が正しいとすれば・・文字通りの物質界などという
 ものは存在しない。
  この結論は、それが存在しないかもしれないというような、あや
 ふやなものではなく、その存在をきっぱりと否定するものである。
                   (同 224~5頁)

☆近年の科学者たちの功績によって、(ニュートンなどの)古典論が
 科学的根拠の薄いものだったことが分かってきたのである。
  近代の科学的方法、すなわち、構成要素を細かく分析して、キリ
 スト教的なヒエラルキーに当てはめるという方法も、今では考え
 なおされている。
  近年の科学によって分かってきたことがある。
  それは、要素を分析するだけではなく、要素の全体的なつながりも
 あわせて考えれば、真理により近づけるかもしれない、ということだ。 
                   (同 226~7頁)
 
 ( 仏教は全くすごい。仏教の教義が、最先端の近代科学で正しい
 ことが証明されて来ている。仏教の教義の一つを例に、『一切衆生、
 悉有佛性:(いっさいしゅじょう、しつうぶっしょう)・・・
 この世のあらゆる生きとし生けるものは、ことごとく皆、佛性(佛の
 性質、佛と成り得る資質)が備わっている。そうした生きとし生ける
 ものでもって宇宙は構成され、すべて(万物)が繋がり、時は流れて
 いる。そのつながりの中で育んで行く』・・・この定義されている
 仏教の考え方・教義が上記の近代科学の考え方と全く一致している。
 そして、キリスト教の教義・考え方は間違っている事が分かってきた
 と言われている)

☆今まで私たちは、キリスト教の恐ろしい歴史を見過ごしてきた。
  キリスト教の教えをさまざまな角度から検証する事もなかった・・
  気づくだろう。神は恐れと絶対服従を求める存在だ、と。
  教え込むことは、人間の精神を繰ることにほかならない、と。
  性差別主義・民族主義・全体主義の根底には、
 唯一至高神への信仰がある。   (同 238~9頁)

☆多様性や自由、人間の尊厳を重んじる世界へと突き進んで行け。
  そうすれば、人類が自由に人道的に生きていくという理想を揚げ、
 夢に向かって羽ばたくことができる。   (同 238~9頁)
 (方向性は多神教にある事が確認され、それが正しい方向性だと
 分かってきた) 
 (また最近、次の確認をした。来日された前パリ・ソルボンヌ大学
 総長が上記考えと同じ発言をされていた。
  多様性の中に人類の未来があり、各多様性さの中に神聖さがあり、
 オリジナリティがある・・・など)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アーク
2015年04月25日 15:16
どこが最新の科学で証明されてるんですか
仏だの仏性だの量子力学にはもちろんでてきませんし
仏も仏性も実在するわけもないものです

仏教は因果応報でしたよね

>>実は、たわいもない偶然の出来事
>>から成り立っているのであって、大きな意識によって>意図的に
>>生み出されたものではない、という考え方である。
仏教の場合は因果律ですか?

>>1例として、ニュートンは、十分な情報を与えられれ>>ば、出来事の
>>結果を正確に予測できると思っていた

つまりニュートンとまったく一緒の間違いを因果応報をとく仏教はしています
アーク
2015年04月25日 15:22
ついでにいっておくと

仏教は凄く、キリスト教は駄目だ(自分の信じている宗教は正しく他は駄目だ)という考えをこの本は否定してるんだと思いますが?

多様性を認めるとは自分とは考え方のまったく違う他者を認めることです

>>方向性は多神教にある事が確認され

これも完全な間違いで、多神教もふつうに残酷なことを
やっています

あなたは仏教が凄く、キリスト教が駄目だといっている時点で
この本が問題にしているキリスト教とまったく同じ間違いをしているんです
「絶対的真理はなく、互いに認め合う」のがこの本の勧めていることで

仏教をキリスト教より上にみている時点でそんなものは
何も変わりません

結局のところ自分が正しく、自分が気に喰わない相手が
間違っていると言っているだけだからです

当たり前ですが現代でも最新科学を生みだしているのは
主にキリスト教陣営で、現代世界で支配的な文明はキリスト教文明ですよw

ちっとも仏教陣営じゃないことをお忘れなく
アーク
2015年04月25日 15:29
多様性の中に人類の未来があり、各多様性さの中に神聖さがあり、
オリジナリティがある・・・など)

これも多様性にたいする「信仰」でしかないですね
社会の価値観が多様になってしまったら、当然そこから
しょうとつも生まれるし、下手をすれば戦争もおこる
でしょう

あるていど考えがにかよったりまとめやすくないと結局社会はうまくいきません

>>様性や自由、人間の尊厳を重んじる世界へと突き進んで行け。
>>そうすれば、人類が自由に人道的に生きていくという理想を揚げ、

このことばじたいがきれい事の間違いで
社会は常に、矛盾と歪みを争いごとをもっているんだと
私は思っています

つまり、この作者の主張は一種の偏見であって
それ自体は別に正しくはないということです

単にキリスト教を批判するために書かれたんですから
当たり前なんですけどね

それにしても、仏教をキリスト教より上に見て、絶対視しているのに、多様性を認めるとか言ってる主張は
あまりに自覚がなさすぎて苦笑してしまいました
仏教もキリスト教も一宗教に過ぎず、科学的に見れば当然間違いだらけですよ
なにも凄くなどないですね
クール
2015年04月25日 15:33
最後に書いておくと、宗教が科学的だという主張はやめた方がよいです
完全にカルト信者に思われます(当たり前ですが仏教も科学に無知な古代や中世の人が考えたものにすぎません)

もういちど言いますが

仏教が凄く、キリスト教が駄目だという姿勢そのものが
この本の指摘する独善性だと言うのに、まったく気付いていないのは苦笑してしまいました

この世の中に正しい宗教などありません
クール
2015年04月25日 15:56
しつこいですけど

自分が信じている宗教の教義が最新科学で証明された
なんて発言はやめた方がよいです

それは完全にカルト信者の発言であり、一般的な仏教徒の発言ではありません(ふつうの人間は今の時代科学と信仰はきちんと分離して考えます)
アーク
2015年04月25日 16:34
ああ、ついでに言っておくと
神の前に人は平等という言葉から近代民主主義を
作りだしたのはキリスト教であって仏教じゃないです

いわゆるいまある平等社会を考え出し広めたのは
キリスト教です
クール
2015年04月25日 17:36
波動関数の研究をしていた科学者たちは 物質界が「心的」でもあり、
 また「物的」でもあることを発見した。
  キリスト教の天地分離説を裏付けるものとして、古典科学者たちは
 精神と物質が分離していることを証明してきたが、それは科学的な真
 実ではなかった。        (同 224~5頁)
 (キリスト教の間違いを確認する結果となった)

長くなるけど書いておきますが
ここについて

これについても完全に間違いですね
生きている内は当然その人間の霊魂は肉体に入っているのですからこの世界にいますよ
精神と物質が生きている間は分離していないなんて考えは古典的な宗教的知識です

たぶんこの人は間違った知識を持っているか
キリスト教についてはよくしらないんじゃないでしょうか?

言っている事がかなり偏っており、結論が

様性や自由、人間の尊厳を重んじる世界へと突き進んで行け。
  そうすれば、人類が自由に人道的に生きていくという理想を揚げ、
 夢に向かって羽ばたくことができる。 

が誰でも考えつきそうなほど幼稚なのであまりこの
本は信用しない方がよいと思いますよ(少なくても思想的には)
アーク
2015年04月25日 17:42
波動関数の研究をしていた科学者たちは 物質界が「心的」でもあり、
 また「物的」でもあることを発見した。
  キリスト教の天地分離説を裏付けるものとして、古典科学者たちは
 精神と物質が分離していることを証明してきたが、それは科学的な真
 実ではなかった。        (同 224~5頁)
 (キリスト教の間違いを確認する結果となった)

というよりここについては何が言いたいのかよくわからないです
その理屈で言えば、イエスだって成立しなくなってしまいます
イエスは神様で人間でこの世にいました
つまりこの世も神秘的存在が存在できる世界なんです

ここで言う心的とはなにをいっているのかよくわからないし

>>キリスト教の天地分離説を裏付けるものとして、古>>典科学者たちは
>>精神と物質が分離していることを証明してきたが

この世に神が存在できない神秘が存在できないんで
あったらイエスも存在できなくなってしまいます
また精神と物質が分離していることを証明してきた
というのが何を言いたいのか不明です
ふつう精神といえば脳の事で、脳と体が分離するとは
考えないでしょう
またこの人の言う心とは魂のことでもないみたいです

厳密に言えば、この人の文章では意味不明なところが
多いですね
何の間違いが証明されたのかさっぱりわかりません

いい加減長くなりすぎたのでここまでにしたいと思います
アーク
2015年04月25日 17:55
もういちどいうけど

波動関数の研究をしていた科学者たちは 物質界が「心的」でもあり、
 また「物的」でもあることを発見した。
  キリスト教の天地分離説を裏付けるものとして、古典科学者たちは
 精神と物質が分離していることを証明してきたが、それは科学的な真
 実ではなかった。        (同 224~5頁)
 (キリスト教の間違いを確認する結果となった)

この文章は意味が不明です
心的とは具体的になにをいっているのかわからないし
どうやってそれまでの科学が精神と肉体が別と証明してきたのかわからないし(そんな証明は元々不可能)
何故人の心が神的だと思うのかよくわからない

どうやら自然崇拝かなにか、この人独自の宗教観があって書いてるっぽいですが

当たり前ですが、神が宇宙だと証明されたことは一度もないし、それは科学の領分ではなく宗教の領分です

はっきり言って、神がこの世を超越する唯一絶対の
存在である事が、科学的に否定された事は一度もないし

この人が言うような意味で、自然や宇宙が神だと証明されたことは一度もありません
ああ、あなたはひょっとして、単なる人間の精神の事を仏性といってるの? だったら勘違いです、ただの
人間の心であって仏になったりしないから

もういちど繰り返しますが、神が宇宙や自然だと科学的に証明されたことは一度もありません

つまり、この人がここの部分で言っている事は「嘘」です

私この人は、キリスト教の教に関して、なにか重大な勘違いをしていると思うし
量子力学に関しても誤解していると思ってます
量子力学は神がいるとかいないとかいうことを判定するものではありません

それはあくまで宗教の領域の話しです
アーク
2015年04月25日 17:57
つまり、ひとことでまとめると
この人が言うような意味で科学が神についてなにかを
証明したことも否定したこともただの一度もないです

科学は神を証明する手段ではありません
アーク
2015年04月25日 18:06
うん、最後に言っておきますがw
この文章はなにが言いたいのかよくわからない
ふつうにとれば宇宙が神であることが証明された
って話しですよねw
神的存在がこの世うんぬんなんだから

そんな大それたことがわかったなら大ニュースになってますよ
そして我々クリスチャンも雪崩を打って宇宙教に改宗してますって

つまり、もしこの人が科学が宇宙が神である事を証明したといっているのなら
単なる大うそつきです!!

この記事へのトラックバック