ねこにゃんさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS (増補版)520E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年10月〜1890年10月)

<<   作成日時 : 2017/04/20 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校1年生へ
にほんブログ村
 

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qij5w54flhq0
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
。。
題:(増補版)520E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年10月〜1890年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1890年10月9日、フランスのクレマン・アデールが、20馬力
 の蒸気機関を装備した単葉機「エオル号」を製作した。
  アデールは、フランスの軍人であり、電気技術者でも
 あった。
  アデールのこの飛行機は、地面から浮き上がり、飛行
 距離は50メートル・・と・・主張した。
  しかし、実際

  (字数制限の為・・中略します・・是非、下記のブログを御覧ください)



  1890年10月20日、帝国議会が開設されるため廃止され
 た。
.
  (今日の言葉)
.
  題:誠実なれ!!・・あまりにも、不誠実ではないか 💢(`(エ)´)💢 💢
.
1597年2月5日、キリスト教教会は、殉教者を、神と人間を
 仲介できる存在、聖人と位置づけて祈りの対象とした。
  この間違い教義によって、多くの方々が、多くのキリ
 スト教信徒が自死した・・自殺した。
  まったく可哀想なことである。
  キリスト教は、死ぬことを美化した。
  まったく卑劣である。
  このキリスト教の間違った「思い込ませ」で、何人の
 若者たちが、信徒の方がたが、自ら命を絶ったことか?
  キリスト教は、死後を美化する、そこで若者が死を選
 ぶ。
  これからの人生を絶つ。
  厳しく糾弾されるべき「キリスト教の悪行為の一つと
 なっている」。
  キリスト教は、幼少期の子供たちの童話として「フラ
 ンダースの犬」を推奨しているが、読むことを説いてい
 るが、
  この様な子供たちへも「死を美化した話で洗脳してい
 る」。
  この話は、キリスト教のイエス像の絵の前で死ぬ主人
 公と犬が、ともに天国へ行くと美化して終わる話となっ
 ている。
  いたいけな子供たちが・・幼児の時から死ぬ行為を美
 化された話で洗脳され、聞かされて来る・・洗脳された
 長い期間・・それを繰り返し・・死を美化されて・・死
 に憧れるマインド・コンロロールをキリスト教は行なう。
  この死への憧れは、キリスト教は、昔からやって来た。
  日本では、キリスト教の渡来から・・そして、豊臣秀
 吉のころから・・、
  日本を植民地化しようというキリスト教の影の企みを
 知った秀吉は、キリスト教を禁教にする。
  秀吉の指示の通り「国外退去に応じれば」、何も起こ
 らない優しい日本であったが、
  その指示に背(そむ)いて、違反し・・日本に潜伏し・・
 指示に従わないで日本に潜伏した宣教師たちは、日本の
 法を犯して、法違反者となって宣教する。
  弾圧なのではない・・法に違反する者たちを「取り締
 まった」のである。
  キリスト教は弾圧だというが、法に従わなかったキリ
 スト教が悪いのである。
  長崎の二十六聖人(1597年2月5日)なんて「法違反者
 なのである」。
  その取締りの中で・・卑劣にも・・キリスト教は、殉
 教をマインド・コントロールする。
  キリスト教宣教師たちは、卑劣にも、日本の信徒へ殉
 教する事を勧める。
  だから、故に、何と! 子供を連れて出頭して来る日本
 人のキリスト教徒まで現れるという始末だった。
  キリスト教は、この様に、死後に憧れさせて、自死す
 ること・自殺することを美化した。
  殉教だという美辞麗句を刷り込んだ。
  そのようなキリスト教の悪行が、今・現代も行なわれ
 ていて、天国への道に美があると洗脳し、信仰する目的
 があると洗脳し、マインド・コントロールする。
  この事によって、自死するキリスト教徒の若者の多い
 ことを憂える。
  自死する宗教となっているキリスト教。
  自死させる宗教となっているキリスト教。
.
1809年2月12日、リンカーンが生まれた。
  リンカーンは、大きくなって、弁護士になり、白人だ
 けに都合の良い法律を盾(たて)にとって・・
  白人の法律なんて何も知らない先住民のインディアン
 の方々へ・・、
  また、白人の法律なんて何も関係のない先住民のイン
 ディアンの方々へ・・その方たちの土地を取り上げて行
 った。
  『これが正義なのだ』・・と・・キリスト教とまった
 く同じ考え方で・・キリスト教の神の正義なのだと・・
 キリスト教徒が、隣国の富を奪うがごとくに・・この様
 なやり方で・・、
  弁護士となったリンカーンは・・あたかも、自分だけ
 が銃を持ったものの様に・・法律を振りかざして・・イ
 ンディアンの方々の土地を取り上げて行った・・
  リンカーンの子供の頃に・・目の前で殺されたお爺じ
 いさんの仇(かたき)を取って行った。
  この様な事を・・アメリカ資本に乗っ取られた日本の
 テレビは・・そして、メディアは・・まったく触れない・・
 隠す・・
  卑劣な事である・・日本の方々を・・それで洗脳する・・
  キリスト教徒の芸人が・・面白、おかしく話をする。
  経営者がキリスト教だということで・・この芸人集団
 は・・キリスト教に偏する行為を、テレビを利用してよ
 く行う・・
  そして、キリスト教に偏するNHKに・・かわいがら
 れる・・良く出演させてもらえる・・
  この行為は・・アメリカでは「巧妙なるキリスト教の
 伝道行為」と言われ・・裁判となっている事例が多いと
 いう行為で・・温厚な日本を馬鹿にしている・・、
  このリンカーンという男が・・何人の黒人の方々を、
 アフリカに送って・・棄民をしたかも・・まったく触れ
 ない・・
  そして、インディアンの掃討を命じたり・・
  厳寒期に、死者が多数出ると分かっている命令・・イ
 ンディアンの方々へ、居留地の移動を命じたり・・こん
 な事には・・まったく触れない・・
  そして、南北戦争は、奴隷を解放しようとする北部と、
 奴隷を解放しないとする南部との戦いだという嘘で美化
 する。
  これは、アメリカの政治を牛耳る北部を「美しく仕立
 てすぎているアメリカ北部美化路線」・・これに、まっ
 たく乗っかっている。
  これは、何故、リンカーンが暗殺されたかを見ればわ
 かる。
  まだまだ、アメリカは、イギリスの従属国的であった。
  リンカーンは、金を自国で発行しようとした。
  つまり、イギリス金融資本家が、もうからない様な政
 策を取ろうとした。
  暗殺の理由だった。
  南北戦争の時も・・アメリカへ・・戦費が、イギリス
 金融資本から流入した。
  このところが・・南北戦争が起きた原因だった。
  まだまだ、可哀想に・・黒人の方々は、奴隷という地
 位に虐(しいた)げられていた。
  この時、奴隷解放という政治的宣言をする段階にあっ
 た。
  黒人の方々の「活動や努力」でその様な段階にあった
 のだ・・
  そこに、リンカーンが居ただけで・・リンカーンの政
 治的な理念からではなかった。
  だからと言って・・その宣言がなされたからっと言っ
 て、その路線にすんなり行ったわけではなかった。
  北部の工業資本家も・・安い労働力が欲しく・・そし
 て、安い労働力の黒人の方々を欲していた・・
  何も、南部のプランターの経営者だけが、悪者ではな
 かった。
  アメリカ北部も南部も、黒人の方々を虐(しいた)げ
 ていた。
  だから・・南北戦争後になっても、北部の工業資本家
 と、南部のプランターの経営者たちが・・手を握って・・
 奴隷解放路線の揺り戻し・寄り戻しの行動を・・共同し
 て取った・・このことが何よりの証拠である。
  こんなことを、今・現在、アメリカ資本に牛耳られて
 いる者ども・メディアは、少しも触れない。
  従来の嘘つき路線、プロパガンダ路線で、日本の方々
 を洗脳しようとしている日本のマス・メディアである。
.
1842年11月4日、リンカーンの結婚式の日(リンカーン33歳)
  リンカーンは、「結婚をしようとも思っても居ない相
 手」に、その相手の女性に、積極的に結婚を求められて、
 結婚する事にした。
  しかし、結婚式の直前、逃げ出す、姿をくらます。
  数年間という長い期間、逃げ回っていた。
  しかし、ある日、偶然にその女性に出会わす。
  そして、その数日の後に結婚する。
  ここには、まったく、リンカーンにはイニシアティブ
 が無い、リンカーンの意志はない。
  リンカーンの奴隷解放宣言も、まったく、「これと同
 じ」。
  しかし、今、リンカーンは、美しく祭り上げられてい
 る。
  最後の階段を登らねばならない状況において、その階
 段を昇ったら、「奴隷解放宣言だった」という状況だっ
 た。
  そのような事実は、すべて、まったく、隠されている。
  アメリカ北部の政治主導のシンボルとして祭り上げら
 れ、プロパガンダ(嘘宣伝)されている。
  リンカーンの配偶者の名前は、メアリー・トッド・リ
 ンカーン。
  1842年、メアリ・トッドは、自分の家族・親戚にも、
 11月4日の結婚式の当日の朝まで、リンカーンとの結婚の
 ことは口にしなかった。
  ウイッグ党の機関紙「サンガモ・ジャーナル」の編集
 長の妻サイメオン・フランシスの勧めで、秘密裏に交際
 を再開した二人だったが・・、
  11月4日の朝に、結婚の話を聞かされたメアリの妹エリ
 ザベスとその夫、ニニアン・エドワードは・・
  「もうこうなったらしょうがない。
  式をあげるのなら、やっぱりこの家しかないでしょう」
 と言い、自分たちの家で、式をあげさせた。
  その夜、二人は、週4ドルのホテル「グローブタバーン」
 に移り、そこに2年間住んだ。
  駅馬車の駅兼宿屋だった。
  2階にある家具つきの部屋で寝て、食事は、階下の共同
 食堂でとった。
  夜になると、リンカーンは、よく食堂で、誰かれとな
 く話しこんだ。
  すると、階上から・・リンカーンを呼ぶメアリの咳払
 いの声が聞えて来た。
  ある日は、夜中まで聞えて来ることもあった・・つま
 り、リンカーンは、新妻をほったらかしにして、夜中ま
 で話しこんでいた。
  ある朝は、怒ったメアリが、食堂でリンカーンの顔に
 熱いコーヒーをぶっかけた。
  そばにいた間借り人が、リンカーンの顔を拭(ふ)い
 て、、やけどの手当てをしたという。
  鬼嫁だった・・すれ違い夫婦だからやむを得ないか・・?
.
1882年4月19日、ダーウィンが没した(73歳)
  チャールズ・ダーウィン(1809・2・12〜1882・4・19)
  神を乗り越えた「ダーウィン」。
  「種の起源」を書いたダーウィン。
  彼の頭には「ある想い」があった。
  彼の父親は、キリスト教聖職者だった。
  彼の想いを気付き、研究時間を持ちたい息子に、父は
 言った、「キリスト教聖職者になりなさい」・・と。
  それは、親として息子に、自分の職業を継がせたいと
 いう事ではなく、息子が研究にいそしむ姿を見て、その
 息子が欲しいであろう「研究のための時間」が得られる
 というのが、ダーウィンの父の考え・思いだった。
  父は、ダーウィンへ言った、「キリスト教聖職者にな
 れば好きな研究のための時間がいっぱい得られる」と。
  ダーウィンは、キリスト教聖職者になった。
  そして、キリスト教教会の中庭に、研究のための畑を
 造ったりした。
  ダーウィンの想いは、「生物の種は神の創造だという
 当時の常識を打ち破らんとした」。
  それは、彼の著「種の起源」の書きぶりを見て、また、
 読めば・・明らかだ。
  彼の凄さは、大陸が移動するという「プレートテクト
 ニクス理論」が、まだ知られていない時代に、
  また、「DNA理論」も知られぬ時代に、
  種の分化や自然淘汰の原理、大陸や海洋の歴史と種の
 地理的分布の関係などを、当時の知識で正しく見通して
 いた。
  空恐ろしいまでの凄さで、進化論を認めないのは、万
 有引力の法則を認めないのと同じだと言っている。
  また、天動説を認めないのと同じだと言っている。
  ダーウィンは、19世紀に、非科学と戦った。
  そこには、キリスト教を例外とせず、キリスト教も入
 っていた。
  今や、彼の主張するところは、動かしがたい事実とな
 っている。
  彼・ダーウィンは、最初の意気込み通り、「キリスト
 教の神を乗り越えた」のだった、
  「キリスト教の神の創造思想」を乗り越えた。
  「種の起源」の生命は、尽きることない真実を示し続
 けている。
  キリスト教の神が作ったもの、創造したものは不完全
 で・・
  だから、故に、進化するのだという、当時では認めが
 たい真実が、正しい科学的な事柄なのだと、
  キリスト教の神の創造説を、キリスト教の教義の大根
 源から崩れることを・・証明したのだった・・
  キリスト教の根源の教理を・・覆し、否定したのだっ
 た。
.
1903年12月17日、ライト兄弟が、ノースカロライナ州キテ
 ィホーク近郊にあるキルデビルヒルズにて、12馬力のエ
 ンジンを搭載したライトフライヤー号によって、有人動
 力飛行に成功した。
  ライト兄弟が、初飛行に成功した時の写真は、2人に
 撮影を頼まれた観客の一人、地元の海難救助所員のジョ
 ン・T・ダニエルズが撮ったもので、合計4回の飛行が試
 みられた。
  1回目: 12秒、(36.5m)
  2回目: 12秒、(53.3m)
  3回目: 15秒、(60.9m)
  4回目: 59秒、(259.6m)
  この飛行は、強風が吹く中で、風に向かって飛んだ。
  故に、実際は、もっと飛行距離は長くなると見られる。
  兄弟は、あてずっぽうに実験したのではなく、風洞実
 験をしたりして、一歩一歩、科学的に、また、工学的に
 成功への道を詰めて行った。
  グライダー試作機を作ったり、滑空飛行を繰り返し、
 操縦技術の習得など・・着実に・・そして、改良し・・
 研究して行った。
  また、安定した強風が吹く場所の選定など、研究室・・
 大学教授などの・・知的な情報も得た。
  この時も、日本の大発明が潰され、奪われた様に・・
 ライト兄弟の特許を無効にしようという動きがあった。
  民間のライト兄弟の栄光を潰そうとした勢力のグルー
 プが、有名なスミソニアンの、スミソニアン協会のグル
 ープだった。
  スミソニアンの強力な圧力は、ワシントン国立博物館
 の展示でさえ、スミソニアンの押す飛行機となり、世界
 初飛行に成功したのは、ライト兄弟ではなく、ラングレ
 ーだと思わせられる時代が続いた・・その様なアメリカ
 だった。
  ライト兄弟の特許は活用もされず、世界初の飛行機を
 製作した技術者はまったく活かされず・・不遇に過ごし
 た。
  今、飛行機の活躍を見ると、アメリカという社会によ
 って、不遇に泣き、陰に置かれた大発明家が、ここにも
 居るということを想え・・、
  アメリカという国は、まったく不正な、無謀な、不公
 正な、不誠実な事をやる社会なのである。
  偉業をたたえられず、失意と、法廷闘争に疲れた大発
 明家が・・そこに居た。
  1912年、初飛行から9年後、兄のウィルバー・ライトが、
 腸チフスで死に(45歳)、そして、その4年後に弟のオー
 ヴィル・ライトは、飛行機製造から身を引いた。
.
1941年8月1日、フランクリン・ルーズベルト、アメリカ大
 統領は、日本に対する石油輸出禁止の強化を発令した。
  8割を超える石油を輸入していた日本は、それまでの禁
 輸措置と共に、完全に石油の輸入が停止された。
  ルーズベルトを良く知る「ルーズベルトの娘の夫(娘婿)」
 のカーチス・ドールは自著で書く・・
  「ルーズベルト大統領(国際金融勢力の代理人)が、
 アメリカ人をいかに操縦して、第二次世界大戦に入らせ
 たかについての真相は、最大の重要性を持っている」と。
  そして、さらに・・、
  「両国(日本とアメリカ)の普通の人たちが、この戦
 争と、その原因の恐るべき教訓を理解することが、もっ
 とも重要なことです」・・と。
  ルーズベルトを繰っていた国際主義者ら・・
  この国際主義者らは共産化をしようともくろんでいて、
 ソ連が誕生しただけでは満足せず・・、
  次に、中国を共産化するため、ソ連に南下させようと
 した。
  しかし、そこに立ちはだかったのが日本だった。
  そこで、国民党の蒋介石を日本と戦わせて・・疲弊さ
 せ・・そして、その後・・中国共産党に、政権を握らせ
 るという計略を練った。
  そして、アメリカが日本と開戦し、日本を敗戦に至ら
 せる・・だった。
  その路線の中で・・アメリカは、「不戦条約違反の『
 日本への石油の輸出の完全に停止』をして、日本に対す
 る事実上の宣戦布告をした」。
.
1950年代末、戦争花嫁
  この頃まで、アメリカに渡った日本人戦争花嫁は、
 40000人〜50000人に達すると言われている。
  アメリカ兵の夜の相手をした女性もいたが、
  教養ある日本女性がアメリカ兵に嫁ぐ、そして、アメ
 リカに渡ったが・・
  2年後から、その女性が日本に帰って来る。
  アメリカでの文化の違いから嫁姑問題、そして、近所
 の人種差別(日本人は有色人種として扱われる)
  人種差別が壮烈なアメリカ、義理の兄弟からも虐(し
 いた)げられ、虐(いじ)められ・・そして、地域から
 も出ていけの嫌がらせ・・自殺する日本女性も多かった。
  また、日本へ戻る帰りの船から海へ飛び込むという悲
 惨さだった。
  ワーブライド(war bride、戦争花嫁)とアメリカ社会
 からいじめられた。
  アメリカは、伝統の無い国で、卑怯な事に、アメリカ
 兵の性の問題から逃げた。
  パリ市長が泣きを入れた様に、アメリカ兵の性につい
 て、行く先々で破廉恥な問題が多発した。
  まるで、他人に・・女性の方たちへ・・害を与える者
 を町に放(はな)って・・、
  あとは、『勝手にやってくれ』は・・無責任なアメリ
 カだった。
  アメリカが言う、「軍の統制下なら管理する」は、無
 責任きわまる発言で、前記の様なパリでの様相に日本で
 もなった。
  日本での数々の蛮行の中に・・病院に集団で、銃を持
 って乱入し、看護婦から、妊婦の入院女性にまで、やり
 たいことをやった。
  この様な事が多発し、毎日、毎日、新聞にその悪辣ぶ
 りが記される続けると、占領行政という腕力をふるって、
 新聞の記事にすることを規制し、記事にしてはならない
 とした・・卑劣なアメリカである・・
  そして、相変わらず・・街で女性と何をしようが、ア
 メリカ軍とは関係ないという態度を取った。
  性の問題が・・相変わらず・・多発し・・起きた。
  指導する責任を放棄したアメリカの結果だった。
  まるで管理すべき猛獣を、『関係ないのだ』と、管理
 なしの状態で、街に放(はな)ったような状態だった。
  アメリカは、まったく・・だらしなかった。
  町では、アメリカ兵に強姦される日本女性が急増し続
 けた。
  この様な事は、ベトナム戦争の時にも、アメリカはや
 った・・多くの混血の方々が生まれた。
  まったく節度が無かった。
  アメリカの責任放棄の結果だった。
.
21世紀、アメリカ南部地域は、北部の植民地へ?
  アメリカ南部のその重要な産業は、そのほとんどを北
 部の資本に、押さえられている。
  南部人たちは、無益だと知りながら、北部への抵抗を
 執拗に繰り返す。
  それが、単なる北部への反感や、単なる感傷や復讐心
 からではない。
  アメリカ南部の農本主義、家族主義、家長制整など、
 この地の風土は、まだ、根強く残っているが、それらは、
 南部の人たちの精神構造の中に、深く染み込み、南部の
 人たちを形造っている。
  大切にしなければならないところである。
  しかし、それを、北部が侵食し、そして、破壊して行
 った。
  今、アメリカ資本が、日本の文化や、もろもろを・・
 破壊し・・工作しているのと同じ様に・・、
  大切なものが壊されている。
  日本も、この南部と同じ状況下にあって、日本の残し
 ておきたいものが失われて行っている。
  世界は、日本ブームにあるが・・、
  また、南部には・・北部にない独特の文化があるのは、
 南部は南部で、直接、イギリスの文化の影響を受けてい
 るからで・・、
  18世紀のイギリス文化の影響を受け、北部にはない南
 部の独自性が出来ている・・
.
2002年、アーミテージは、辞任した後、政権の座を降りた。
 その後に・・
  「アメリカ国務省は、2002年頃から、北朝鮮が核兵器
 を放棄することはない・・と判断して居た」という真相
 を明かした。
  これは、アメリカ政権(ホワイトハウスと国務省)の
 本音だった。
  しかし、この本音は、日本の耳に入って来なかった。
  日本は願っていた・・六か国協議で何とかしたいと・・
 と、
  しかし、アメリカと中国の両政府の共謀で、日本には
 黙っていよう、そして、日本を騙しておこうという状況
 で・・時間は・・歴史は過ぎて行った・・
.
2015年、訪日客が増えている。
  日本政府観光局の2015年11月18日発表、
  日本を10月に訪れた外国人旅行者数は、前年同月の43.8
 パーセント増。
  182万人。好調は続いている。
  パリ同時テロが影響はしている、
  10月まで1631万人。
  内訳:
  中国24%(約2倍、44万人)
  韓国20%(49パーセント増、37万人)
  台湾19%(32パーセント増、34万人)
  香港7%、
  米国5%、
  英国1%、フランス1%、ドイツ1%、その他。
  欧州客は、長期宿泊する傾向、
  中長期的には増加傾向、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 幸せ家族
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 今日読んだ漫画
にほんブログ村 専門生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 専門生日記ブログ
にほんブログ村 専門生日記ブログ 女子専門学校生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 女子専門学校生

にほんブログ村

にほんブログ村

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(増補版)520E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年10月〜1890年10月) ねこにゃんさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる